Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者でも始められるAzure DevOps

この記事は
Azure DevOps Advent Calendar 2019 の 1日目です。

Azure DevOpsとはなんですか?

Microsoftが提供するDevOpsを強力に押し進められるようにした
ツール群 です。

これといった特定のツールではなく、
素晴らしいテクノロジが搭載されたツール群です これらを組み合わせて
DevOpsを押し進める協力な武器になります。

DevOpsは アプリケーションの「計画」「開発」「配信」「運用」
のライフサイクルに影響を与えますが、テクノロジの利用によって
ある程度シームレスにつながっています。

公式ページから文章を一部拝借して説明
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/devops/

でもお高いんでしょう?

AzureDevOpsは導入しやすいシステムです。
「5名以下のチーム開発ならおそらく無料の範囲内で利用できてしまう」ので使ってしまうのもてだと思います。

↓で料金を確認してみましょう。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/devops/azure-devops-services/

導入前の説明

「開発」「配信」部分に重点を当てたビギナー導入を説明します。

AzureDevOpsは進化が早く、随時アップデートが行われています。
特に 親和性の高いAzureとの連携は 1年前より格段に早くなっており

チュートリアルレベルなら あっとういうまに導入が終わります。

具体的な手順

ここでは一般的なAppServeiceを立ち上げることにしましょう。
今回は例として .NET core Webapp を選びます

用意するのは ローカルで動くソースコードです。
できれば、git形式で、クラウドサービスのどこかに保存しておきましょう。

アウトプット先の Azure App Serivceを指定する

Azure にログインして Webアプリを選びます

スクリーンショット 2019-12-01 10.35.34.png

項目を選んで .net core のWebアプリ
を選んで、一度ビルドが終わったら
デプロイセンターを選んでみましょう

デプロイセンターからCICD環境を構築してみよう

スクリーンショット 2019-12-01 10.39.58.png

すると、実はAzureDevopsを意識していなくても、実はここから開発のDevOpsを押し進める機能が
作れてしまいます。

2018年にはありませんでした!(多分)

ソース管理はGitを選んでいればどこでも構いませんが、多くの人はGitHubを選ぶのではないでしょうか
AzureDevOps内には AzureReposという Gitホスティングサービスがあります。

ビルドする方法を選ぼう

スクリーンショット 2019-12-01 10.57.41.png

ここではAzurePipeleを選びます

3の構成でソースを選ぶとあっという間に完成します。
ここでは私のGitHubにある Blazorというアプリを選んでいます
これはAsp.NETCoreなので、それを選んでいます。 デフォルトでは Node.js python PHPも選べます。

スクリーンショット 2019-12-01 11.01.57.png

ここで初めてAzureDevOpsを意識します。ここではAzureDevOps内のツール AzurePipelineを使うために利用します。
新規の人は新規でつくりましょう。

スクリーンショット 2019-12-01 10.59.44.png

するとAzureDevOps内の Pipelineの buildと Releaseに キューが設置されます。
スクリーンショット 2019-12-01 11.10.15.png

ビルドパイプラインでは、gitから入手したソースコードを テスト&ビルドできます。

スクリーンショット 2019-12-01 11.11.01.png

具体的にBuildで何が起きているかみることができます Editボタンを選んでみましょう
リストア⇨ビルド⇨テスト⇨パブリッシュまで行ってくれます。

スクリーンショット 2019-12-01 11.13.46.png

GUI以外にも 全てコードレベルのYamlも対応してます。
デフォルト構成で作っただけでは CIが失敗することがあるので、その時には↓のリファレンスが役に立ちます。
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/yaml-schema?view=azure-devops&tabs=schema

同時にリリースパイプラインも作られています。
スクリーンショット 2019-12-01 11.34.25.png

これが成功すると、
Azure でHPがappが公開されます。

お伝えしたいこと

以上の用に簡単にCI開発環境が作れるようになりました。
設定してしまえば、GITのブランチが更新されるたびに自動でデプロイが実行されます。

後最近、Microsoft は ドキュメントと教育に非常に力を入れているように見えます。
(誤字脱字が多いのは目を瞑ってください!)

この記事を流し読みしたら
できれば!詳細な公式ページを読んで、実行してみてください↓(日本語対応しました)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/aspnet/core/azure/devops/?view=aspnetcore-3.0

もっとできることなら公式の教育ページMSlearnをやってみましょう。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/browse/?products=azure&roles=devops-engineer

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした