Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravelではメール送信やSlack通知のテストが簡単だって知ってましたか?

メールやSlack通知のテストしてますか?
通知のテストはし難いのですが、Laravelではモックが充実しているので簡単にテストすることができます。

参考: https://readouble.com/laravel/6.x/ja/mocking.html

環境

  • PHP v7.2
  • Laravel v6.x
  • PHPUnit v7.5

テストする方法

以下のようにpostのテストを実行する前に Mail Facade で fake を差し込むようにしておく。
postテスト実行した後に、assertSent() でMailableクラスの処理が走っているかテストできます。

use Illuminate\Support\Facades\Mail;

class IndexControllerTest extends TestCase
{
    public function testIndex()
    {
        Mail::fake();

        $this->post('/path/to/something/post', ['text' => 'ダミーテキスト'])->assertRedirect();

        // MessageCreatedクラスは、Mailableをextendsしたものです。実行されているべきMailableをフルパスで指定します。
        Mail::assertSent(MessageCreated::class);
    }
}

おまけ

notificationもテストできます。

Slack通知など。
ドキュメントの Notification Fake のところを参照してください。
「テストをかけるよ」ということを知識として知っていないとなかなかかけないのでここで紹介だけしておきます。

ハマりどころ

最初、以下のように書いて動かずにハマったので共有しておきます。

    public function testIndex()
    {

        $this->post('/path/to/something/post', ['text' => 'ダミーテキスト'])->assertRedirect();

        // postのテストが終わった後にfake差し込み
        Mail::fake();
        Mail::assertSent(MessageCreated::class);
    }

fakeを差し込むタイミングが終わった後なので意味がありません。

面倒なので毎回 fake を書きたく無い場合

setUp()のなかで処理を追加しておきましょう。
毎回クラスに書いてもいいのですが、これを差し込んだ共通親クラスを作っておくともっと楽チンです。

    protected function setUp(): void
    {
        parent::setUp();

        Mail::fake();
    }

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした