Help us understand the problem. What is going on with this article?

FreeBSD+mrubyでサウンドプログラミング

More than 3 years have passed since last update.

I2Cで制御できるSCC+互換チップ が面白そうだったのでFreeBSD+mrubyで試してみました。

たしかLunaにもなにか音源が入っていたような気がします。

LPC810の書き込みはflashmagicのMac版をやっとの事でダウンロードできたのですが、動きがあやしくあきらめて、昔使った事があるlpc21ispで書き込みました

実は以前試したAR2315のGPIOのコードを壊してしまっていて、認識できるまで半日ちかくかかりました。(AR2313系のサポートを入れた時にコピペミスしてました。。。)

# i2c -s
Scanning I2C devices on /dev/iic0: 50 51 

IMGP0639.JPG

WN-G54-GPIO.png

とりあえず音が出ました。

t = BsdIic.new(0)
num = 0
while num < 100 do
  t.write(0x50,0x00,0xa7)
  t.write(0x50,0x01,0x02)
  t.write(0x50,0x07,0xfe)
  t.write(0x50,0x08,0x0f)
  Sleep::usleep(400000)
  t.write(0x50,0x00,0x3b)
  t.write(0x50,0x01,0x02)
  Sleep::usleep(400000)
  t.write(0x50,0x00,0xfd)
  t.write(0x50,0x01,0x01)
  Sleep::usleep(400000)
  num = num + 1
end

音の止め方がわかりません。。。

ユニバーサル基板に実装してケースの中に入れてみました。

IMGP0645

なぜこのルータでFreeBSD Current+mrubyが動くかはないしょです。:)

MML再生コード書いてみました。
https://github.com/yamori813/mmlplay

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away