Help us understand the problem. What is going on with this article?

BitchXの使い方

More than 1 year has passed since last update.

ZRouterの連絡網がirc(#zouter)なのでircクライアントを物色してみて、依存が少なかったのでBitchXをZRouterでビルドできるようにしてみたので、使い方のメモです。

スクリーンショット(2018-11-23 19.24.39).png

起動

# /usr/local/bin/BitchX <nicname>

いくつかのサーバに接続を試します。

チャンネルに入る

/join <channel>

チャンネルの参加者の一覧

/who

AWAYステータスオフ

/away

終了する

/quit

プライベートメッセージを送る

/msg <nic name> <message>

上スクロールを^xキーに設定

/bind ^x SCROLL_FORWARD

下スクロールを^eキーに設定

/bind ^e SCROLL_BACKWARD

プライベートメッセージを受けるとLEDが点灯して、ledoffコマンドで消せるようにしてみました。

ON ^msg "% *" {
exec gpioctl 8 0
echo [$0] $1
}

alias ledoff {exec gpioctl 8 1}

tmux上で起動する場合は以下を設定

# TERM=xterm

設定をrcファイルに書いて読み込ませるときには/を抜いて書きます。

tmux上で起動して抜ける場合は^b+dです。何もせずウインドを閉じても大丈夫です。

復帰のときは

# /usr/local/bin/tmux a

ちなみにBitchX+tmuxはちょっと重いみたいだったので、MT7620で動かしています。BitchXはおそらく日本語は使えません。

これまでMacのircクライアントを使っていたのですが、Macを起動していて接続中しかメッセージが見れず、時間帯が違う人と連絡するには不便なため、BitchX+tmuxで常時接続環境を作ってみました。

irssiというクライアントはglibの依存があり、weechatはcurlの依存があり、いろいろなライブラリが必要になり、断念しました。

今さらBitchXという気もしますが、IPv6対応もされていて結構使えるような気がします。

参考

https://www.electricmonk.nl/docs/bitchx_tutorial/bitchx_tutorial.html

https://wiki.troulite.fr/index.php/BitchX.html

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away