Help us understand the problem. What is going on with this article?

mrubyでOAuth2

More than 1 year has passed since last update.

IoTでOAuth2の実践編で蟹さんのmrubyからDropboxにファイルを放り込んでみます。

まず準備にmruby VMにmruby-base64とmruby-jsonをつっこみます。mruby-jsonにはfileアクセスがありリンクできなかったので、fileアクセスをとるprを出してマージしてもらいました。

次はDropboxのdeveloperのサイトでアプリを作ります。Full accessにしておきます。これでApp keyとApp secretが入手できました。

次はブラウザーで以下のURLを叩いて、アクセス許可のcodeを手に入れます。

https://www.dropbox.com/1/oauth2/authorize?response_type=code&client_id=Appkey

忘れていたのですが、Dropboxの認証コードという記事を書いてました。

App keyとApp secretはmrubyのスクリプトにハードコードしますが、codeはスクリプトがリダイレクトやフォームで受け取るようにするがいいです。まだHTTPやHTTPSのLISTENの実装がないので、とりあえずハードコードします。

APPKEY = ""
APPSEC = ""
CODE = ""

yabm = YABM.new

yabm.netstartdhcp

ntpaddr = "10.0.1.18"
yabm.sntp(ntpaddr)

header = Hash.new
header.store('User-Agent', "test-agent")
header.store('Authorization', "Basic " + Base64.encode(APPKEY + ":" + APPSEC))
ustr = "/1/oauth2/token?grant_type=authorization_code&code=" + CODE
res = SimpleHttp.new("https", "api.dropbox.com", 443).post(ustr, header)

これでAccess Tokenがjsonでもらえるのでjsonのパーサーに食わせます。

data = JSON::parse(res.body)
accesstoken = data["access_token"]

この操作は一回だけで、Access TokenはFlashなどに保存しておく必要があります。

Access Tokenを使ってファイルをuploadします。

path = "yabm"
name = "morimori.txt"
body = "Hello mruby on YABM !"

header = Hash.new
header.store('User-Agent', "test-agent")
header.store('Authorization', "Bearer " + accesstoken)
header.store('Content-Type', "application/octet-stream")
header.store('Dropbox-API-Arg', "{¥"path¥": ¥"/" + path + "/" + name + "¥",¥"mode¥": ¥"add¥",¥"autorename¥": true,¥"mute¥": false}")

header.store('Body', body)

res = SimpleHttp.new("https", "content.dropboxapi.com", 443).post("/2/files/upload", header)

yabmというディレクトリにmorimori.txtというファイルが出来ているはずです。

スクリーンショット(2019-01-08 18.51.36).png

OAuth2はOAuthのようにHASH関数が必要ないので良いです。

もしAccess Tokenが入ったモジュールを盗まれた場合には自分のDropboxにFull accessされる可能性があるので、「設定」の「リンク済みのアプリ」から削除するのが良いです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away