Help us understand the problem. What is going on with this article?

WordPressのテーマをどうするかを考える

More than 1 year has passed since last update.

KUSANAGI on ConoHaでサーバー環境はイイ感じで構築できた。

っで、これから本格的にWordPressを使っていきたいわけだけれど、テーマ(サイトの見た目)をどうするかで悩んでます。

クリッピングや記事を書くことに集中したいのでテーマを考えることがメインではないけれど、カスタマイズしたくなる気持ちもアリ〜ので... なかなか本格的にブログ生活がスタートできないw (本末転倒)

ということで、いくらか調べたことをココにメモして、頭の中を整理したいと思います。

有償のテーマ

兎にも角にも、まず初めにやったことはGoogle検索。
最初のキーワードは、「WordPress SEO テーマ」だったかな...

ブロガーだのアフィリエイターだのが数多いるので、この手のことを記事にしているところが多いこと...

有償だと最近は、以下のあたりがよく使われているっぽい、というか検索によくヒットする。

  1. ストーク
  2. STINGER PRO
  3. AFFINGER4

上記のテーマを色々見たけれどなんか惹かれないw

これらを使ったサイトを見ると、どれも同じようにしか見えないし、見やすくもない。
もっとシンプルでイイ。

SEO対策がされていたり、管理画面からの設定でレイアウトやデザインを変更できるのは魅力的だけれど、なんか、「これじゃない感」がとてもした。

WordPressのSEO対策

っで、やりたいことはSEOというか、本来あるべき掲示した情報を適切に検索エンジンに拾ってもらうためのウェブサイトのお作法的なことなので、それって自分でやれよな、ということで、WordPressでSEOのお作法について少し調べた。

以下のあたりに、参考になりそうな情報がまとまっていた。

WordPressとBootstrap

ただ、ゼロからテーマを作成するのは、ちと大変だなぁ... とも思っていて...
基本的なところはアリ物でカバーできたら良いなぁ〜なんて思っちゃったりもしている。

で、無料のテーマを調べている時に、Bootstrapに対応しているテーマというのが、いくつか見つかり、なんだか、「これが良さそう」という直感が働き、少し深掘り。

直感を具体的に書くと、Bootstrapは、アレが出始めたことからプログラミングを現場でやらなくなってしまったので、経験値が少ないんだけど、そのあたりのキャッチアップにもなりそう、という感じがしている。

今の所、以下がイイんじゃないかと思っている。

上のLightningテーマを見つけるまでに参考にしたページ

そんなわけで、Lightningあたりを少し試してみて、そのままいけるか判断しようと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした