search
LoginSignup
6

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

TeXの入門教材を作りました。ご自由にお使いください。

TeX入門 - TeXでレポートを書く程度に必要最低限のこと

表題のタイトルでTeXの入門教材を作りました。
理系の学生がレポートをTeXで書くために必要最低限と思われることを解説しています。

texファイルと、それをタイプセットしたpdfファイルを見比べながら学習する、
という形式になっています。両方とも、以下のリンクからダウンロードできます。
よしなにご利用ください。
TeX入門 - TeXでレポートを書く程度に必要最低限のこと

もろもろ

「作りました」と書きましたが学生時代に作ったものなので、そうか……もう4年も前か……。
そんな高度な・複雑な機能は解説してないので、今でも問題なく使えると思います。

目次(pdfで全10ページ):

  1. 基本的なこと 前編 (字下げ、改行、空白、節の設定、改ページ)
  2. 基本的なこと 後編 (強調、箇条書き、脚注、文字の大きさ)
  3. 数式の基本的なこと
    1. 文中に数式を入れる
    2. 行を改めて数式を入れる
    3. 数式の微調整
    4. 数式を引用する
    5. 数式を書くときによく使う命令
    6. 複雑な数式の例
  4. 図を組み込むには
  5. 小ネタ
  6. 初心者がやりがちなミス
  7. 最後に

ただし、「TeXとは何か」というレベルから解説してはいません。
ざっくり、「TeXがどんなものか分かった。TeXを使えるソフト(このテキストではTeXworks)も入れた。それで、実際TeX使うとしてこれからどうすればいいの?」というレベルの読者を想定しています。
ダウンロードしたzipに入っているreadmeもご覧ください。

ちなみに、p8に「リメディアル教材」という単語が出てきます。
これは、筑波大学 生命環境学群 生物資源学類の奈佐原顕郎先生が作成し、授業で使われている数学の教材です。
氏のウェブサイト からダウンロードできます。すごいいい教材ですのでダイマします。

TeXはいいぞ

こういうのとかをきれいに書けるんです:

texex.png ... 本文: ケプラーの3法則の導出

かっこいい数式が書かれているQiitaの記事もあります。
あれらも実はTeXの記法で記述されています。
ピンと来た方はレッツTeX。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6