本「ゲームの作り方 unityで覚える遊びのアルゴリズム」読んだメモ

  • 10
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

「ゲームの作り方 unityで覚える遊びのアルゴリズム」って本を読んだ。

【送料無料】ゲームの作り方 [ 加藤政樹 ]

【送料無料】ゲームの作り方 [ 加藤政樹 ]
価格:3,888円(税込、送料込)


この本すごくいい!プロのゲームエンジニアが書いてるので、実践的でこういう風に考えてゲーム作ってるのかぁととても参考になった。いくつかメモっとくお!

・Debug.Pause()で止められる
・GUIで手動で設定するところをコードで行うやり方(P126)
 piece.AddComponent();
 piece.GetComponent().pazzle_control = this;

・必要なコンポーネント(MeshCollider)を自動的に追加させるやり方(P126)
[RequireComponent(typeof(MeshCollider))]
public class PieceControl : MOnoBehavaior{

・ダンジョンイーターなどのゲームサイト(P132)
http://www.metalbrage.com/

・イベントによるSEの再生(P152、第3章CharaAnimator.initializeAnimations())
足音を再生させる場合、イベントを登録してイベント発生時に音を鳴らせる

・ソナーカメラ(P187)
レーダーのような画面。

  1. ソナー用カメラを真上から直角に映す。
  2. ソナー用カメラに映したいオブジェクトにだけタグ(SonarRaycast)をつける
  3. ソナー用カメラのCulling MaskでSonarRaycastをチェック

・gameObject.GetInstanceID()でインスタンを識別するIDを取得(P249

・Debug.LogError()でログ出力

・完全なランダムではなく規則性を残す。一部だけランダムにすると良い

・透視変換と逆透視変換

透視変換は窓に向かって絵を描くようなもの。3Dから平面の座標を計算する
逆透視変換はマウスで平面をクリックした位置から3D上の座標を計算する

【送料無料】ゲームの作り方 [ 加藤政樹 ]

【送料無料】ゲームの作り方 [ 加藤政樹 ]
価格:3,888円(税込、送料込)