More than 1 year has passed since last update.

この投稿は さくらインターネット Advent Calendar 2016 の 14日目の記事です。


はじめに

どうもこんxxわ。さくらインターネットの山田健一です。
毎年アドベントカレンダー、何か書きたいなーと思うだけで、枠取りすらしないのですが、
今年は思い切って、空いていた12月14日をクリックし、何を書こうかなーと色々考えてました。


私は石狩のデータセンター勤務なので、そこらへんの事を書こうかなと思ってたのですが、ちょうどさくらのVPSでopenSUSEが提供されたので、openSUSEネタを書きます。

特に大学時代のノートPCにWindowsではなくSuSELinuxを入れていた私こそ、このネタで書かなきゃだめだと思い、openSUSE Leap42.2を使ったWebサーバを構築するところまで取り上げたいと思います。

時代的にはLEMPで組むべきですが、今回はYaSTに触れたいため、あえてのLAMPです。あしからず。
また、PHPもデフォルトのバージョン5のままです。時代的には7で組みたいですが、こちらもYaSTに触れるためです。あしからず。
スクリーンショット 2016-12-01 19.57.40.png

openSUSEとは

Linuxディストリの一つで、分類上はSlackware系と言われていますが、現在は非常に独自色が強くSlackwareとは一線を画す存在となっています。

はじめはSUSE(もしくはS.u.S.E.) Linuxと名乗っていましたが、バージョン10.2以降コミュニティーが開発するのがopenSUSE、そのopenSUSEの成果物を使った商用版がSUSE Linux Enterprise Serverとなっています。

また現在はArch Linuxのようなローリングリリースを目的としたTumbleweedと呼ばれるリポジトリもあります。

openSUSEの魅力

openSUSEの魅力としては一番大きいのがYaST(Yet another Setup Tool)と呼ばれる非常に強力な設定ツールです。
sambaなどは直接vimなどでconfig編集しなくても対話的に設定ができるよう作られています。
このツールによって非常にメンテナンスがしやすくなっています。


またGeeko(ギーコ)と呼ばれるカメレオンのマスコットもとても可愛い。
GeekoいいよGeeko
official-logo-geeko-color.png


さくらのVPSにopenSUSEをインストールしてみる

では早速openSUSEを入れてみましょう。

  1. さくらのVPSのコントロールパネルから OSインストール を選びます。
    スクリーンショット 2016-12-14 21.33.56.png

  2. インストールOSから openSUSE42.2 x86_64 を選びます。
    スクリーンショット 2016-12-14 21.34.53.png

  3. インストール確認画面が出ますので、 インストールを実行する を選びます。
    スクリーンショット 2016-12-14 21.36.59.png

  4. カスタムOSのインストールが始まります。ここからはコンソールで作業するため、 VNCコンソール (HTML5版)を起動 をクリック
    スクリーンショット 2016-12-14 21.37.17.png

  5. VNCコンソールを開き、しばらくするとインストール画面になります。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.17.53.png
    スクリーンショット 2016-12-15 0.19.10.png

  6. 言語設定を変えます。 F2キーを押し、日本語を選びます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.23.00.png

  7. インストールソースを変えます。 F4キーを押しHTTPを選びます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.24.23.png

  8. サーバーとディレクトリを下記のものに変える。
    サーバ ftp-srv2.kddilabs.jp
    ディレクトリ Linux/packages/opensuse/distribution/leap/42.2/repo/oss/
    ※デフォルトのままだと、海外からDLしに行き、かなり時間がかかるため、国内ミラーからDLするようにします。openSUSEミラーリスト
    スクリーンショット 2016-12-15 0.33.35.png

  9. 準備ができました。インストールを進めます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.36.56.png
    スクリーンショット 2016-12-15 0.37.00.png
    スクリーンショット 2016-12-15 0.38.37.png

  10. 言語とキーボード設定画面が出ます。そのまま進めます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.39.53.png
    スクリーンショット 2016-12-15 0.41.01.png

  11. インストールオプションは何も選択せず、次へすすめます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.41.49.png

  12. パーティション分割の提案をされます。デフォルトのまま進めましょう。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.44.20.png

  13. 時計とタイムゾーンの設定になります。デフォルトで日本が選ばれてると思うので、そのまま進めます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.47.44.png

  14. デスクトップの選択画面になります。サーバ(テキストモード)を選びます。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.49.49.png

  15. ユーザーの追加画面になります。適宜ユーザーを作りましょう。また、自動ログオンはセキュリティの都合上チェックを外しましょう。
    スクリーンショット 2016-12-15 0.55.57.png

  16. インストール設定の画面になります。そのままインストールを続けても構いませんが、必要に応じてSSHサービスは有効にしても良いかと思います。
    (今回はVNCを使うため無効にしたまま進めます。)
    スクリーンショット 2016-12-15 0.59.00.png

  17. インストールの確認画面が出ますので、インストールする をクリックし、進めましょう。
    スクリーンショット 2016-12-15 1.01.38.png

  18. インストールが進みます。5〜10分程度で完了し、自動的にシャットダウンされます。
    スクリーンショット 2016-12-15 1.01.46.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.04.32.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.07.31.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.07.47.png

openSUSEを起動してみる。

  1. 先ほどのOSインストールでシャットダウンされてしまっているため、まずはマシンを起動しましょう。
    スクリーンショット 2016-12-15 1.11.40.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.11.48.png

  2. VNCコンソールを開き、インストール時に作成したユーザーでログインする。
    スクリーンショット 2016-12-15 1.11.57.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.12.07.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.14.27.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.26.28.png

YaSTを使ってみる。

openSUSEの醍醐味YaSTを使い、LAMP環境を整えましょう。

LAMPのインストール

  1. プロンプト上でsudo yastと入力してみましょう。
    途中で、パスワードを求められますが、作成したユーザーのパスワードを入れれば問題無し。
    青い画面が出れば、YaSTが起動しました。
    スクリーンショット 2016-12-15 1.32.58.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.33.12.png
    スクリーンショット 2016-12-15 1.33.26.png

  2. Software Management を開く
    ソフトウェアのインストールやアンインストールができます。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.10.26.png

  3. Search Phaseにlampと入力し検索する。
    LAMP環境を整えるために検索しましょう。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.12.42.png

  4. petterns-openSUSE-lamp_serverを選択した状態でAcceptを押す
    自動でLAMP環境に必要なパッケージが選ばれます。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.12.42.png
    スクリーンショット 2016-12-15 3.17.34.png

  5. 自動的にインストールが開始する。
    途中でMariaDBのインストールメッセージが出ますが、そのまま進めてFinish してください。
    これでインストールは完了です。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.18.51.png
    スクリーンショット 2016-12-15 3.21.03.png
    スクリーンショット 2016-12-15 3.21.13.png

ApacheやMariaDBを自動起動させる。

openSUSEではサーバソフトを入れても自動起動設定されていません。起動や自動起動設定をしてみましょう。

  1. YaSTのSystemからService Managerを選ぶ
    スクリーンショット 2016-12-15 3.24.48.png

  2. mysqlapache2EnabledActiveにする。
    Enabled,Disabledは自動起動の設定状況、Active,Inactiveは現在の起動状況を示しています。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.28.16.png
    スクリーンショット 2016-12-15 3.31.38.png

  3. OKを押し、設定を確定させる。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.32.05.png

  4. 実際にApacheが起動したか、VPSに割り当てられてるIPをブラウザで開いてみる。
    Apacheの起動に成功していれば、 It works!のページが表示されます。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.35.29.png

Apacheの設定をYaSTで行ってみる。

デフォルトではPHPが使えないため、PHPを使えるようにするため、YaST経由でApacheの設定を行ってみましょう。

  1. YaSTの画面から、Network Serviceを選び HTTP Serverを開く。

※HTTP Serverが出ない場合は、一度YaSTをQuitし、再度sudo yastコマンドで開き直すと表示されます。
スクリーンショット 2016-12-15 3.38.34.png

2.依存関係のSuSEFirewall2のインストールを求められるのでInstallする
スクリーンショット 2016-12-15 3.40.23.png

  1. 待ち受けポートとIPを設定する。
    デフォルトのままで問題ないため、そのままNext
    スクリーンショット 2016-12-15 3.42.28.png

  2. Enable PHP5 Scripting にチェックをし、進める。
    スクリーンショット 2016-12-15 3.45.39.png

5.設定画面になるが、デフォルトのまま進める。
スクリーンショット 2016-12-15 3.46.54.png

  1. Virtual Hostsの設定になるが、そのまま進める。 スクリーンショット 2016-12-15 3.48.33.png

7.最終設定確認画面になるので、Finish
スクリーンショット 2016-12-15 3.49.29.png

これで設定は有効になります。

PHPが有効になったか確認しましょう。

おなじみphpinfoにて確認してみましょう。

  1. プロンプトにsudo vim /srv/www/htdocs/phpinfo.phpを入力
    スクリーンショット 2016-12-15 3.57.14.png

  2. 次のコードを追加する
    <?php
    phpinfo();
    ?>

    スクリーンショット 2016-12-15 3.58.00.png

  3. 追加したら保存し、 http:// 自分のVPSのIP /phpinfo.php を開いてみる。
    成功すると下記の画像のようにphpinfoが表示される。
    スクリーンショット 2016-12-15 4.04.17.png

サーバソフトウェアの更新

このままでも運用は可能ですが、セキュリティ上、最新のソフトウェアに定期的に更新しましょう。
こちらもYaSTにてアップデート可能です。

  1. sudo yastでYaSTを起動

  2. SoftwareからOnline Updateを選択
    スクリーンショット 2016-12-15 4.09.18.png

  3. 更新プログラムが一覧で出るため、そのままAccept
    ※カーネルアップデートがある場合別にダイアログが出ます。そのままContinueで進めてください。
    スクリーンショット 2016-12-15 4.10.18.png
    スクリーンショット 2016-12-15 4.11.45.png

  4. 更新が開始されるのでしばらく待つ
    ※カーネルアップデートがある場合、再起動をしなければ有効にならない旨のダイアログが出ます。そのままokで進めてください。
    スクリーンショット 2016-12-15 4.13.19.png
    スクリーンショット 2016-12-15 4.14.42.png
    スクリーンショット 2016-12-15 4.15.20.png

これで無事LAMP環境が整備できました。あとは通常通りWordPressなど設置してみると、すぐにサイトをオープンすることができます。

おわりに

とりあえずでopenSUSEにてLAMP環境を整えることができました。
ソフトの追加や設定に関しては、YaSTという強力なツールのおかげで、直接ファイル編集せず
対話型インターフェイスで設定することができます。これがopenSUSEの強みです。

これを機会に標準OSのCentOSだけではなく、他のディストリビューションLinux環境に触れてみてはいかがでしょうか。

機会があればUbuntu 16.04LTSのLEMP環境なんてのも紹介してみたいです。

では Enjoy!

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.