LoginSignup
15

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu20.04の日本語化

Last updated at Posted at 2020-05-21

Ubuntu20.04を使ってみたく、さっそくインストールしてみました。メニューを日本語する手順を記載します。昔に比べて、非常に簡単になったもんだ。

環境

Ubuntu 20.04

手順

画面左下の「Show Applications」をクリックし、2ページ目の「Settings」をクリックする。
image.png
「Region & Language」をクリックし、「Manage Installed Languages」をクリックする。
image.png
「Language Support」ダイアログが表示されるので、「Install/Remove Languages...」をクリックする。
image.png
「Installed Languages」の「Japanese」にチェックを付け、「Apply」ボタンを押下する。
image.png
認証要求画面が表示されるので、パスワードを入力し「Authenticate」をクリックする。
image.png
インストールが開始されるので、しばらく待機...。
ネットワークの状況にもよりますが、私の環境では10分ぐらいかかりました。別の作業をしながらひたすら待ちます。
image.png
インストールが完了したら、「日本語」がグレー表示される。「Close」ボタンを押下する。
image.png

〈重要〉
いったんUbuntuを再起動する。
再起動後、「Settings」→「Region & Language」→「Language」をクリックする。
image.png

日本語が選択できるようになるので、選択する。
image.png

再度、再起動する。
image.png
フォルダ名を日本語化するか聞かれるので、選択する。
※私は「名前を更新する」を選択しました。
image.png

メニュー含め、日本語化成功!!
image.png

ただし、この段階では日付などが米国フォーマットになっているので、「日本」を選択する。
image.png
image.png

次、キーボードなどの「入力ソース」が「英語US」になっているので、日本語に対応させる。
image.png
「日本語(Mozc)」を選択し、追加する。
image.png
「日本語」を選択し、追加する。
image.png
いったん再起動する。
再起動後、テキストで入力を確認すると、「半角/全角」で日本語入力切替が可能になる。

★注意
「日本語(Mozc)」と「日本語」の両方が入っていないと、「半角/全角」で日本語入力切替が出来ないようです。。。。「日本語(Mozc)」だけしか追加してなかったので、はまりました。お気を付けください。

タイムゾーンを日本に設定する。
image.png

これで、快適にUbuntu生活が過ごせるはずです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
15