LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

ラズパイ起動時にSORACOMへ自動接続、リモートで黒電話ユニットを起動

Last updated at Posted at 2021-11-23

知人との作品作りでインフラ部分を担当しましたので、SORACOMの部分を中心に解説します

ラズパイ起動時にSORACOMへ自動接続

2IMG_4840.jpg

L-02CをUSBモデムとして利用できるように設定します

sudo apt-get install wvdial eject
sudo modprobe usbserial vendor=0x1004 product=0x618f
sudo eject sr0
sudo chmod 666 /dev/ttyUSB*

soracomへの接続設定をwvdial.confに書き込みます

sudo nano /etc/wvdial.conf

以下の内容に変更します

[Dialer Defaults]
Init1 = ATZ
Init2 = ATH
Init3 = AT+CGDCONT=1,"IP","soracom.io"
Init4 = ATQ0 V1 E1 S0=0 &C1 &D2 +FCLASS=0
Dial Attempts = 3
Stupid Mode = 1
Modem Type = Analog Modem
Dial Command = ATD
New PPPD = yes
APN = soracom.io
Modem = /dev/ttyUSB2
Baud = 460800
ISDN = 0
Phone = *99***1#
Username = sora
Password = sora
Carrier Check = no

ラズパイ起動の90秒後にwvdialを実行する内容をrc.localに追加します

sudo nano /etc/rc.local
sleep 90
sudo wvdial &

PC(自宅のネット回線)からRaspberry Pi(SORACOM回線)にVNCリモート接続

SORACOMユーザーコンソールにログインしオンデマンドリモートアクセスを有効にします
VNCなので5900を指定しました
image.png
vnc.jpg
構成されたアドレスおよびポートをVCNで指定、ラズパイにアクセスできます

リモートで黒電話ユニットを起動

タイトルなし.jpg
1)ngrokを起動しURLを取得しコピー
2)pythonスクリプト起動時にパラメーラーとしてURLをペースト
3)TwilioのwebコンソールでWebhookのパラメーターにURLをペースト
4)SIPクライアント(linphone)の起動
黒電話ユニットが起動し、受発信の待機状態になります
組み込み系の知人が、黒電話の信号などをガッツリ解析し
プログラムしている様子はこちらをご覧ください

背負子をDIY!!

背負子:竹棒、麻紐、シュロ紐、(結束バンドできつく固定!)
kessoku.jpg

肩ひも:麻紐と古タオル(編みました!)
himo.jpg

基板固定:木の板、木ねじ(アイロンビーズをスペーサーに!)
iron.jpg

電話機:ネオジム磁石、金属プレート(黒電話が脱着可能に!)
neo.jpg

電源:UPSの使用済みバッテリー(ショルダーバッグに収納!)
小道具:麦わら帽子、スーパーカブ(昭和感の演出にはこれ必須!)

まとめ

知人に誘われ作品作りに加わりました。
ほとんどがZoomでのやり取りで
Webカメラを複数同時使用、初めてのオシロスコープ測定、
コマンドの実行画面や、黒電話の操作映像を、OBSで1つの画面に取り込んで録画、
などなど初めての作業で大変でしたが、楽しい時間を過ごせました。

参考にさせていただきました

スーパーカブc70dx(通称カモメカブ)について

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0