Edited at

エンジニアの転職メモ

More than 1 year has passed since last update.


Webアカウントの作成・提示

相手先に自身のWebアカウントを提示する(提示は職務経歴書内で行う形)

具体的には下記のアカウント。


  • GitHub

  • Qiita

  • SlideShare

他にも技術系のWebサービスを積極的に利用していれば、そちらのアカウントを提示する(自分の場合はteratail

StackOverflowを積極利用していれば、そちらのアカウント名になるはず。

技術ブログがあれば、そのURLも共有する(自分の場合はQiitaがそれ)。

その他差し支えなければ、Twitter, Facebookアカウントも提示する。


履歴書


URL共有



  • WantedlyのプロフィールページのURL共有。

  • この形式で問題ない企業に対しては、これが一番早い。


    • そしてこの業界だと問題ないケースが多い。



  • 履歴書の磨き込みはWantedlyのプロフィールの更新という形に注力できる。

  • 海外向けの場合はLinkedInの方が良い。


    • 海外のエンジニアは転職にLinkedInを活用している。





印刷する場合


  • PCで作成する。

  • 手書きなんか必要ない。

  • PCの最低限のスキルも示せるので、PCで作らない理由がない。

  • データの更新が容易。

  • 写真込みで印刷ができる(写真は白黒で良い)

  • JIS規格のフォーマットをハローワークのWebサイトで配っているので利用する。




職務経歴書



  • 職務経歴書OSS化の記事のようにGitHubリポジトリのURL共有が早い。

  • スキルがわかればよいため、紙にこだわる必要はなく、形式はなんでも良いとのこと(人事担当者より)。

  • Web業界のスキルについては紙で表現しにくいので、GitHubを活用する形が良い。

  • コミットとして更新が残せたり、GitHub上にあれば更新端末を選ばなくなるので都合が良い。


スキルが分かるもの


  • こちらもGitHubのURLで共有する形で良い。

  • Readmeにスキルが分かるポートフォリオ、コードのURLを一覧化して共有する。


    • フロントエンドのコード共有だと、Codepenjsdo.itjsFiddle などが活用できる。

    • もちろん利用するサービスのアカウントは作成しておくこと。

    • 自作の解説記事があれば、サンプルコードと併せてリンクしておくと、よりアピールできると考えている。



  • 必要があれば、GitHub Pagesも活用する。


備考


  • URL共有は意外と問題ない。

  • 就活の段階になっていきなり作り出すより、普段からコードを書くようにしておき、就活時にそれを集約する形の方がまとめるだけでよいので、手早く作れる。

  • 普段からいろんな事をコードにしたり、記事にまとめておく癖があると、非常に楽である。