LoginSignup
4
9

More than 3 years have passed since last update.

Windows 10 に Docker Desktop for Windows をインストールする

Last updated at Posted at 2020-05-08

※ バージョンや条件、各種WEBサイトなどは執筆当時のものです。

Windows10のエディションがDocker Desktop for Windowsに対応していることを確認

  • 64bit版 かつ、
  • Professional or Enterpriseエディション

Homeエディションや32bit版はサポートされていません、ご注意!

Homeでも使える方法が最近推進されているそうです。
こちらの記事をご紹介します。
https://techracho.bpsinc.jp/ebi/2020_03_27/90477

VT-xが有効であることを確認

もうひとつ条件があります。
VT-xという機能に、パソコンのCPUが物理的に対応していないとダメです。
(VT-xはIntel製CPUでの呼び名です。AMD製CPUも同じ機能がありAMD-Vという名前になります。)

CPUがVT-xに対応しているモデルか確認する。

こちらのサイトを参考に、
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000005486/processors.html

  • 自分のパソコンのCPUの型番を調べる。
  • VT-xに対応しているか、CPUメーカーのWEBサイトで調べる。

インテル バーチャライゼーション・テクノロジー(VT-x)はい ならOK!
image.png

BIOSでVT-xが有効になっているか確認する。

次は、実際にパソコンでVT-xが有効になっているか確認しましょう。

BIOS画面を開く。

パソコンの電源を入れたとき最初に表示される↓のような画面でDELキーを連打します。

image.png

パソコンによっては違うキーかも。
違う場合は、画面下部の英語メッセージを見極めてみて下さい。

VT-xの設定を確認する。(無効なら、有効に変更する)

BIOS画面が起動したら、詳細メニューにCPUの設定のような項目があるので開きます。
Intel Virtualization Technology とか VT-x とか書かれている設定を有効にしましょう。

image.png

Hyper-Vを有効化

もうひと息です!
今度はWindows側の設定でHyper-Vという機能を有効にしましょう。
(このHyper-VのためにVT-xが必要だったのです。)

Windowsを起動し、コントロールパネル→プログラムと機能を開く。

エクスプローラのアドレスバーなどに
コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能
と入力してコントロールパネルを開きましょう。

image.png

Windowsの機能の有効化または無効化を開く。

プログラムと機能画面の左側にあるWindowsの機能の有効化または無効化を開きます。

image.png

Hyper-Vにチェックを入れてOKボタンを押す。

image.png

Windowsの再起動を要求されたら、再起動する。

Docker Desktop for Windows をインストール

やっとDockerをインストールするところまで来ました。
あと少し!

インストーラーをダウンロードする。

Docker公式サイトからWindows用インストーラーをダウンロードしましょう。

image.png

インストーラーを実行する。

こだわりがなければ設定は特にいじらず、OKを押してインストール開始しましょう。

image.png

Windowsを再起動する。

Windowsの再起動を要求されます。
もし他のソフトで何か作業中だったらご注意を。

image.png

Docker本体の起動確認

Windowsを起動すると自動的にDockerも起動してくれるようになっていると思います。
Dockerウィンドウは×で閉じても大丈夫です。(タスクバーに常駐しているはずです。)
常駐さえしていれば、Dockerが使える状態です。

image.png

また、タスクバーのアイコンを右クリックしてQuit Docker Desktopすると終了させることができます。

ちなみに一見IDとパスワードを要求されているような画面ですが、全然必須ではありません。
これはDocker Hubというdockerイメージ共有サービスのやつです。
(便利なので機会があったら利用してみて下さい。)

Docker動作確認

ちゃんとDockerが使えるか、簡単に確認しましょう。

コマンドプロンプトを起動する。

画面左下のWindowsボタンを右クリックしてファイル名を指定して実行を開きます。

image.png

cmdと入力してOKを押します。

image.png

docker --version

コマンドプロンプトが起動したら

docker --version

と打ってみます。

image.png

バージョン情報を表す文字が表示されたら成功!

もし「dockerコマンドが見つからない」とエラーになったら…

'docker' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

docker.exe が存在するフォルダを環境変数PATHに追加しましょう。
詳細手順はここでは割愛しますが、代わりに↓こちらの記事を紹介させていただきます。

Windows で環境変数 PATH をいじる方法のまとめ

docker.exe があるフォルダの場所は、デフォルトのインストール設定では↓です。

C:\Program Files\Docker\Docker\resources\bin

もしインストール先フォルダをカスタマイズしてしまった場合は、↑を参考に探してみてください。

docker run hello-world

今度はおためし用に公開されているdockerイメージhello-worldを実行してみます。
成功すればHello from Docker!と文字を返してくれるだけのdockerイメージです。

docker run hello-world

と打ってみます。
手元にhello-worldイメージを持ってなくても、イメージ名をキーにdockerコマンドがネット上から自動的に探してきてくれます。

image.png

やったぜ!

これで完了です!
お疲れ様でした:thumbsup:

docker-compose

Dockerの追加機能として有名なdocker-composeは、今回の手順で一緒にインストールされます。
dockerコマンドと一緒にパスが通っているので、そのままコマンドを打ってもOKです。

docker-compose version

image.png

docker-composeのバージョンアップのしかた

最新版をダウンロードする。

まず、こちらの更新情報ページから最新版のexeをダウンロードします。
https://github.com/docker/compose/releases

上から新しい順に書かれているんですが、
Latest releaseと表示されているバージョンを探し、exeをダウンロードしましょう。
(rcとか書いてあるものはまだ調整中のバージョンなので使わないでおきましょう)

ちなみにこのexe、一見インストーラーと勘違いしそうですが、そのまんまdocker-composeコマンド本体です。

image.png

既存のdocker-compose.exeをファイル名を変えておく。

デフォルトでは↓このへんにインストールされているので、探し出して名前を変えます。

C:\Program Files\Docker\Docker\resources\bin

docker-compose.exedocker-compose.exe.old といった感じです。

新しいほうのexeをファイル名を変更する。

今度は、先ほどダウンロードした新しいほうのexeをdocker-compose.exeに改名します。

新しいほうのexeをコピーする。

既存のexeが有った同じ場所に、新しいほうのexeをコピーすれば完了!

4
9
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4
9