Help us understand the problem. What is going on with this article?

オンプレミス環境でmablを動かせる"mabl Link"を使ってみる

自動テストSaaSはクラウドツールという特性上、プライベートネットワーク(オンプレミス)環境上のアプリケーションに対してテスト実行できないことがしばしば。固定IPを振ってファイアウォール等の設定をしたりするのもぼちぼち面倒ですよね。

しかしmablにはmabl Linkという専用のトンネリングツールが用意されており、オンプレミス環境のサーバ上で動作するアプリケーションに対して簡単にテスト実行をすることができます。
この記事ではその具体的なやり方を解説します。

mabl Linkの仕組み

mabl Linkの仕組みについては公式ガイド: Secure tunneling with mabl Linkの画像がとてもわかりやすいのでこれを引用させていただきます。

69d740f-mabl_Link.png

この画像にある通り、"mabl Link Agent"というトンネリングツールを、プライベートネットワークに接続した端末上で動作させることで、mablクラウドから端末を経由してテスト対象のアプリケーション(SUT)にアクセスするというものになります。

使い方

ここからは公式ガイド: Using mabl Linkに沿って作業を進めます。

前提条件

  • mablのアカウントがある
  • Dockerをインストール済である

今回mabl Link AgentはDockerを利用して動作させます。先にDockerをインストールをしておいてください。

1. WorkspaceにアクセスするAPIキーを作成する

mablにログインし、Setttings > APISと進みます。
緑色の"CREATE API KEY"ボタンを押します。

スクリーンショット_2020-12-10_14_10_26.png

"Type of API key"の項目は"Link Agent"に、"Name"は任意のものに設定しCREATEを押します。

スクリーンショット_2020-12-10_14_10_40.png

そうすると設定したNameでAPIキーが発行されるので、Keyをコピーしてメモ帳などに控えておきます。

2. Link Agentの実行

続いてLink Agentをダウンロードし実行します。
なお、この手順は公式ガイド: Link with Docker、及びDockerHub: mablhq/link-agentに記載されています。

まず次のコマンドをメモ帳などにコピーします。

docker run mablhq/link-agent --api-key <your-api-key> --name <agent-name>

次に、<your-api-key>となっているところを手順1で控えたAPIキーに、
<agent-name>となっているところは任意のものに書き換えます(手順1で設定したNameと同じにするのがよいかもしれません)。

最後に書き換えたコマンドをコピーし、任意のシェルで実行します。
するとLink Agentを勝手にダウンロード・インストールし、実行してくれます。

3. mabl上でLink Agentの接続を確認する

念の為mabl上で接続を確認しておきましょう。
Settings > NETWORKINGに進むと、ページ下部に手順2で設定したagent-nameが表示されているはずです。ここのStatusがConnectedになっていればLink Agentがmablに認識された状態になっています。

スクリーンショット_2020-12-10_14_16_46.png

4. Link Agentを使うEnvironmentとApplicationを設定する

続いてmablからLink Agentに対して命令を出せるよう、実行環境に相当するEnvironmentを設定します。
mabl上でConfiguration > APPLICATIONSと進み、緑色の"New"ボタンからEnvironmentを新規作成します。

この際、Advancedの設定にある"Use link agent"の項目にチェックをし、先ほど手順3で表示を確認したagent-nameを選択します。
こうすることでこのEnvironmentを指定したテストは全て端末上のLink Agentを介して実行されることになります。

スクリーンショット_2020-12-10_14_17_50.png

Environmentの作成ができたら続いてApplicationの設定です。
同じくConfiguration > APPLICATIONSの画面で、
今作成したEnvironmentとテストを作成したいApplicationがクロスするセル上のEditボタンをクリックし、プライベートネットワーク上のアプリケーションのアドレスを記載します。

スクリーンショット_2020-12-10_14_22_21.png

これで全ての準備が完了しました。

5. あとはテストを作るだけ!

あとは通常のパブリックネットワーク上のアプリケーションと同じようにテストを作って、
Environmentに手順4で作成したLink Agentを指定したものを指定して実行するだけです。

ね、簡単でしょ?

最後に:なかなかすごいぞmabl

この記事ではmablをオンプレミス環境でも簡単に利用可能にするmabl Linkという機能の使い方を紹介しました。
この機能の存在がツール採用の決め手になる会社さんも多いのではないでしょうか。

まだ日本ではあまり知られていないツールですが、非常に優秀で将来性のあるツールだと思います。気になる方は是非トライアルを。
またコミュニティウェビナーもあるそうなのでこちらも是非。

yaboxi_
Agile QA
veriserve
お客様の製品・サービスの品質向上や改善に、検証のプロフェッショナルとして貢献します。
https://www.veriserve.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away