Help us understand the problem. What is going on with this article?

だれもが複数(大量)の『csv・txt・cgi』を簡単に結合できる時代なのに…

だれもが大量の『csv・txt・cgi』を簡単に結合することができる時代なのに…
危うく手作業でコピペする所だった、、、

というお話です。

いきなりですが・・・

"複数(大量)の『csv・txt・cgi』などのファイルを一つに集約したい!"

って時ありますよね…?

僕は、今日がまさしくその日でした、、、笑

そこで、今回は…

  • 『csv・txt・cgi』などのファイルを一つに結合(集約)する方法

についてまとめます。

※本記事は、自分で学習したことのまとめ用として書いています。
尚、解説で誤った点があれば、スローして頂ければ喜んでキャッチしますのでお願い致します。

『csv・txt・cgi』などのファイルを一つに結合(集約)する方法

businessman-2108029_1920.jpg

結論、typeコマンドを使えば一発です!!

typeコマンドの書式は、以下の通りです。

type *集約したいファイルの拡張子 > 保存するフォルダのパス\ファイル名

おそらく、分かりづらいと思うので・・・

これから具体例も混ぜながら解説していきます。

【具体例】.cgiファイルの場合

今回は、具体例として…

  • Cドライブに『dataフォルダ』を作成
  • 『dataフォルダ』の中に、『convertフォルダ』と『cgiファイル一式』を格納

の構成で解説していきます。

イメージとしては、下記のような構成です。

Cドライブ
┣ data
 ┣ convert
 ┣ 01.cgi
 ┣ 02.cgi
 ┣ 03.cgi

まずは、下記のコマンドで『dataフォルダ』に移動します。

cd c:\data

続いて、typeコマンドでcgiファイルを一つに集約し、

その集約したファイルを『convertフォルダ』にalldata.cgiという名前で保存します。

type *.cgi > c:\data\convert\alldata.cgi

以上で、ファイルの集約は終了です。

簡単ですね!!!

【疑問】拡張子が .csv や .txt の場合はどうするの…?

.csvや.txtの場合も同様に…

type *.csv > c:\data\convert\alldata.cgi
type *.txt > c:\data\convert\alldata.cgi

のコマンドで、ファイルを一つに集約することが可能です。

まとめ|基本のコマンド操作

surfers-1.jpg

  1.  Windowsの場合、コマンドプロンプトを起動
  2.  コマンドプロンプトでcd c:\dataを入力
  3.  コマンドプロンプトでtype *.cgi > c:\data\convert\alldata.cgiを入力
  4.  convertフォルダにalldata.cgiが作成
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした