Posted at

TestFlight利用メモ

More than 3 years have passed since last update.


TestFlight?

App Store公開用のiOSアプリを、公開前にテストする仕組み。

(公開されるアプリを事前検証できるので、利用していきたい)


  • iOS 8以降で利用可能です。

  • 利用するためには、TestFlightのアプリをインストールする必要があります。

  • テスト公開したアプリの利用期間は30日間

  • 内部テストと外部テストの2つから選択できる

テスト前のアプリ審査
最大ユーザー数
Apple ID

内部テスト
不要
25ユーザー(各ユーザー10端末まで利用可能
必要

外部テスト
必要
1000ユーザー(各ユーザー1端末)
不要


利用方法


内部テスト

内部テストの場合、iTunes Connectの「ユーザーと役割」で事前にテストユーザーを登録する必要があります。

1.テスト対象アプリのアップロード

2.iTunes Connectへサインインし、テスト対象アプリのマイAppページを開く

3.[TestFlight]内の[内部テスト]を押下

4.[テストするバージョンを選択]を押下

5.アップロードしたアプリを選択

6.「テストを開始」を押下

ここまでが開発者の作業です。

もし内部テスターにテストアカウントが存在しない場合は事前に追加してください。

以降はテスト担当者の作業です。

テスト端末に開発中のアプリがインストールされている場合は、事前に削除しておいてください。

7.テスト用端末に内部テスターのApple IDでサインイン

8.TestFlightを開く

9.テスト対象アプリが存在するので[INSTALL]を押下

以上で内部テストの利用準備は完了です。


外部テスト

1.テスト対象アプリのアップロード

2.iTunes Connectへサインインし、テスト対象アプリのマイAppページを開く

3.[TestFlight]内の[外部テスト]を押下

4.[テスト対象ビルドを追加]を押下し、テスト対象アプリのビルドバージョンを選択して追加

5.アプリの概要や連絡先などを入力する画面になるので、適宜必要な情報を入力

6.追加したバージョンが"ベータ版アプリ審査待ち"状態となるため、審査が完了するのを待つ

※審査完了すると、「Your app アプリ名~~~has been approved for beta testing.」というタイトルでメールが届きます

7.再度[外部テスト]ページを開く

8.外部テスターに、テスターのメールアドレスを追加し、保存を押下

ここまでが開発者の作業です。

テスターに登録したメールアドレス宛にTestFlightの招待メールが送信されます。

以降はテスト担当者の作業です。

テスト端末に開発中のアプリがインストールされている場合は、事前に削除しておいてください。

9.通知された外部テスターのメールをiOS端末で開く

10.メール中央の"Start Testing"をタップ

11.TestFlightが起動してアプリインストール画面が表示されるので[INSTALL]をタップ

以上です。