Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dockerコンテナの操作に関するコマンドをまとめてみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

こんにちわ。
今さらですが、Dockerに入門し、学習メモを残していっています。

今回は「Dockerコンテナの操作」に関するコマンドをまとめています。

その他、Dockerに関する記事は以下ですので、こちらもご参照頂けるとありがたいです。

Dockerの概要と特徴について調べてみたので、学習メモを残す
Dockerイメージの操作に関するコマンドをまとめてみた

Dockerコンテナの操作に関するコマンド

Dockerコンテナの作成と実行

「docker container run」はDockerイメージからコンテナを作成し、実行するためのコマンドです。

$ docker container run [options] イメージ名[:タグ] [コマンド] [コマンド引数...]
$ docker container run [options] イメージID [コマンド] [コマンド引数...]

Dockerコンテナの一覧表示

実行中、および終了したコンテナの一覧を表示させるためのコマンドです。

$ docker container ls [options]

オプションなしでコマンドを実行すると、現在実行中のコンテナの一覧が表示されます。

また以下のように「-a」オプションをつけると、終了したコンテナの一覧を表示させることが出来ます。

$ docker container ls -a

Dockerコンテナの停止

実行しているコンテナを停止する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ docker container stop コンテナIDまたはコンテナ名

Dockerコンテナの再起動

コンテナを再起動したい場合は、以下のコマンドを実行します。

$ docker container restart コンテナIDまたはコンテナ名

Dockerコンテナの破棄

コンテナをディスクから完全に破棄する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ docker container rm コンテナIDまたはコンテナ名

ログの取得

Dockerコンテナの標準出力を得たい場合は、以下のコマンドを実行します。

$ docker container logs [options] コンテナIDまたはコンテナ名

実行中コンテナでのコマンド実行

実行中のコンテナで任意のコマンドを実行したい場合は、以下のコマンドを実行します。

$ docker container exec [options] コンテナIDまたはコンテナ名 コンテナ内で実行するコマンド

ファイルコピー

以下のコマンドを実行すると、コンテナ間、コンテナとホスト間でファイルをコピー出来る。

$ docker container cp [options] コンテナIDまたはコンテナ名:コンテナ内のコピー元 ホストのコピー先
$ docker container cp [options] ホストのコピー元 コンテナIDまたはコンテナ名:コンテナ内のコピー先

「docker container cp」はコンテナの中で生成されたファイルをホストにコピーして確認するようなデバッグ用途でのユースケースが代表的のようです。

引用

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

ya6maDev
AWSを触っているWebアプリエンジニア。最近はインフラ寄りの仕事もやってます。目指せ、フルスタックエンジニア!! 将来的には自分のサービスを創って、楽しい人生を送りたい。ゲームもよくやります。 Mr.Children/Bish/Java/DeepLearning/Python/AWS/Docker/AWS SAA
https://ya6mablog.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away