Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@y_catch

React製の静的サイトジェネレータDocusaurus v2を、GitHub Pagesにデプロイする

自主練習のメモ。

今回つかったのは、React製の静的サイトジェネレータDocusaurus v2 (2.0.0-alpha.70)です。

GitHub Pagesにデプロイする手順を整理してみました。

サンプル

今回作ったやつは、以下で公開しています。

参考になったページ

必要なもの

  • node => 10.15.1 later
  • yarn => 1.5 later

ただWindows10 では、奨励条件で動作しなかったため、最新版にアップデートした。

ローカルにインストールして動かす

まず、Docusaurus をインストールする。

$ mkdir docusaurus
$ cd docusaurus
$ npx @docusaurus/init@latest init my-website classic

これで、サンプルサイトが動作する。

$ cd my-website
$ yarn start

以下からアクセスできる。

localhost:3000 

リポジトリの準備

リポジトリを作って、my-website のファイルをコピーする。

Github のリポジトリディレクトリに移動して、もう一度、動作テスト。

ビルドとテスト

ビルドと動作テスト。

$ yarn run build
$ yarn run serve

build/ に静的ファイルができるけど、Git は無視してくれるみたい。

docusaurus.config.js を設定

次の 4 つを書き換える

  • organizationName : GitHub ユーザー名か、organization name にする
  • projectName : GitHub のリポジトリ名にする
  • url : GitHub Pages の URL にする
  • baseUrl : Github のプロジェクト。

リポジトリが「https://github.com/facebook/docusaurus 」だとしたら、baseUrlは「/docusaurus/」

詳しくは、以下のページを参照ください。
https://v2.docusaurus.io/docs/deployment/#deploying-to-github-pages

このファイルの修正後、動作確認で「yarn start」は動くが、baseUrlが合わず「yarn run serve」が動かなくなる。

そのため動作確認は、毎回「docusaurus.config.js」を切り替える必要があるので、yarn startだけで済ませている。

デプロイ

Bash の場合、次のコマンドを実行する

GIT_USER=<GITHUB_USERNAME> yarn deploy

PowerShell だと、こう。

cmd /C 'set "GIT_USER=<GITHUB_USERNAME>" && yarn deploy'

パスワード付きだと、こう。2要素認証をONにしている場合は、パスワードの代わりにトークンを使う。

cmd /C 'set "GIT_USER=*****" && set "GIT_PASS=*****" && yarn deploy'

デプロイすると、gh-pages ブランチが作成されて、ビルドしたファイルだけがgh-pagesブランチに展開される。

ただし、ページ間のリンク先が存在していないと、エラーになってデプロイできないので注意する。

詳しくは、以下のページを参照ください。
https://v2.docusaurus.io/docs/deployment/#deploying-to-github-pages

GitHub Pages を設定する

GitHub のリポジトリページで、Settings を選択して、Github pages を有効にする

  • Branch: gh-pages
  • File: /(root)

公開

https://(username).github.io/docusaurus/

今回作ったやつは、以下で公開しています。

デプロイ済みのページを更新するには

  1. ローカルで動作確認
  2. ページを更新する
  3. コマンドでデプロイする

メモ:Jekyllは無効になる

GitHubPages は、デフォルトで公開されたファイルを Jekyll を介して実行する。
Jekyll は、_で始まるファイルをすべて破棄する。

そのため、Docusaursでは、GitHub PagesのJekyllを無効にするため、
static ディレクトリに.nojekyll という名前の空のファイルを追加してある。

コンテンツの変更ポイント

Docusaurus を自分好みに変えていくときに、変更する箇所を調べた。

Classic テーマが対象。

docusaurus.config.js

  • サイト全体の設定
  • ナビゲーションバー -> themeConfig > navbar

    • GitHub リンク
    • Docs
    • Blog
  • フッター -> footer

    • 関連リンク
    • 著作権表示
  • 各ページにある Edit のリンク先 -> presets

Sidebars.js

  • サイドバー

src/pages/index.js

  • トップページ
    • Get Started のキャプションとリンク

トップページのメインタイトルとサブタイトルは、docusaurus.config.js の title と subtitle で設定する。

src/css/custom.css

色の組み合わせは、このファイルで設定できる。showcaseを参考にすると早いかも。

Docs にページを追加する

  1. Docs/に、markdown ファイルを追加する
  2. 追加した markdown ファイルに、メタデータを記述する
  3. Sidebars.jsに、追加ページのidを記述する
例:docs/doc2.mdのメタデータ
---
id: doc2
title: Document Number 2
---
  • 通常は、サイドバーに各ページの title を表示する
  • sidebar_label で、サイドバーに表示する別名を指定できる

Docs のページを階層構造にする

Docs にディレクトリを作ってmarkdown ファイルを配置することで、Docs のページを階層構造にできる。

  1. Docs 以下にディレクトリを追加する
  2. 追加ディレクトリに markdown ファイルを追加する
  3. 追加した markdown ファイルに、メタデータを記述する
  4. Sidebars.js に、追加ページの id を、ディレクトリパスといっしょに記述する
Exsample_Sidebars.js
module.exports = {
  someSidebar: {
    Docusaurus: ['doc1', 'doc2', 'doc3', 'doc4'],
    Another: ['dirPath/doc5', 'dirPath/doc6', 'dirPath/doc7'],
    Features: ['mdx'],
  },
};

機能拡張

使っているうちに、いろいろ欲しくなって入れてみた。

検索バー:その1

Algolia DocSearchが無料で使える。24時間に一度クロールしてくれるらしい。

docusaurus.config.jsのthemeConfigを追加する。

docusaurus.config.js
module.exports = {
  // ...
  themeConfig: {
    // ここから ----------------------------------------
    algolia: {
      apiKey: 'YOUR_API_KEY',
      indexName: 'YOUR_INDEX_NAME',
      // Optional: see doc section bellow
      contextualSearch: true,
      // Optional: Algolia search parameters
      searchParameters: {},
      //... other Algolia params
    },
    // ここまで ----------------------------------------
  },
};

Algolia DocSearch にAPI KEYを申請するだけ。

ただし、API キーがもらえるまで、24 時間くらいかかるみたい。

検索バー:その2

Algolia DocSearchが使えない場合、Pluginでローカル/オフラインサーチできる。

docusaurus-search-local

これが動きそう。

インストール

yarn add @cmfcmf/docusaurus-search-local

設定

docusaurus.config.js
plugins: [
    require.resolve('@cmfcmf/docusaurus-search-local')
  ],

設定オプション

  plugins: [
    [require.resolve('@cmfcmf/docusaurus-search-local'), {
        // whether to index docs pages
        indexDocs: true,
        // must start with "/" and correspond to the routeBasePath configured for the docs plugin
        // use "/" if you use docs-only-mode
        // (see https://v2.docusaurus.io/docs/2.0.0-alpha.70/docs-introduction#docs-only-mode)
        docsRouteBasePath: '/docs',

        // Whether to also index the titles of the parent categories in the sidebar of a doc page.
        // 0 disables this feature.
        // 1 indexes the direct parent category in the sidebar of a doc page
        // 2 indexes up to two nested parent categories of a doc page
        // 3...
        //
        // Do _not_ use Infinity, the value must be a JSON-serializable integer.
        indexDocSidebarParentCategories: 0,

        // whether to index blog pages
        indexBlog: true,
        // must start with "/" and correspond to the routeBasePath configured for the blog plugin
        // use "/" if you use blog-only-mode
        // (see https://v2.docusaurus.io/docs/2.0.0-alpha.70/blog#blog-only-mode)
        blogRouteBasePath: '/blog',

        // whether to index static pages
        // /404.html is never indexed
        indexPages: false,

        // language of your documentation, see next section
        language: ["en", "ja"],

        // lunr.js-specific settings
        lunr: {
            // When indexing your documents, their content is split into "tokens".
            // Text entered into the search box is also tokenized.
            // This setting configures the separator used to determine where to split the text into tokens.
            // By default, it splits the text at whitespace and dashes.
            //
            // Note: Does not work for "ja" and "th" languages, since these use a different tokenizer.
            tokenizerSeparator: /[\s\-]+/
        }
    }]
  ],

日本語を検索

ただし、これだけでは日本語検索できない。
tokenizerSeparator: /[\s-]+/ となっている。空白文字とハイフンだけで区切っているので、日本語のワードが対象にならない。

なら、「全角ひらがな」「全角記号」で区切れたら、漢字だけ・英数字だけが取り出せるはず。

こんな感じ。

docusaurus.config.js
...
  tokenizerSeparator: /[\s\-\u{3000}-\u{301C}\u{3041}-\u{3093}\u{309B}-\u{309E}]+/gu
...

デモサイトで「ネコ」「neko」「wagahai」「記憶」とかやると、該当ページを検索できる。

正規表現の参考ページ

google analytics の設定

yarn add @docusaurus/plugin-google-analytics
docusaurus.config.js
module.exports = {
  plugins: ['@docusaurus/plugin-google-analytics'],
  themeConfig: {
    googleAnalytics: {
      trackingID: 'UA-141789564-1',
      // Champs facultatifs.
      anonymizeIP: true, // Les IP doivent-elles être anonymisées ?
    },
  },
};

Color modeの切り替えをオフにする

Dark modeも良いんだけど、画像の調整がめんどい。

Theme configuration | Docusaurus
https://v2.docusaurus.io/docs/api/themes/configuration#color-mode---dark-mode

docusaurus.config.js
colorMode: {
    // "light" | "dark"
    defaultMode: 'light',

    // Hides the switch in the navbar
    // Useful if you want to support a single color mode
    disableSwitch: false,

    // Should we use the prefers-color-scheme media-query,
    // using user system preferences, instead of the hardcoded defaultMode
    respectPrefersColorScheme: false,

    // Dark/light switch icon options
    switchConfig: {
    // Icon for the switch while in dark mode
    darkIcon: '🌙',

    // CSS to apply to dark icon,
    // React inline style object
    // see https://reactjs.org/docs/dom-elements.html#style
    darkIconStyle: {
        marginLeft: '2px',
    },

    // Unicode icons such as '\u2600' will work
    // Unicode with 5 chars require brackets: '\u{1F602}'
    lightIcon: '\u{1F602}',

    lightIconStyle: {
        marginLeft: '1px',
    },
  },
},

Githubへのリンクをアイコンにする

/src/css/custom.css
/* Octocat for GitHub link  */
.header-github-link:hover {
    opacity: 0.6;
}

.header-github-link:before {
    content: '';
    width: 24px;
    height: 24px;
    display: flex;
    background: url("data:image/svg+xml,%3Csvg viewBox='0 0 24 24' xmlns='http://www.w3.org/2000/svg'%3E%3Cpath d='M12 .297c-6.63 0-12 5.373-12 12 0 5.303 3.438 9.8 8.205 11.385.6.113.82-.258.82-.577 0-.285-.01-1.04-.015-2.04-3.338.724-4.042-1.61-4.042-1.61C4.422 18.07 3.633 17.7 3.633 17.7c-1.087-.744.084-.729.084-.729 1.205.084 1.838 1.236 1.838 1.236 1.07 1.835 2.809 1.305 3.495.998.108-.776.417-1.305.76-1.605-2.665-.3-5.466-1.332-5.466-5.93 0-1.31.465-2.38 1.235-3.22-.135-.303-.54-1.523.105-3.176 0 0 1.005-.322 3.3 1.23.96-.267 1.98-.399 3-.405 1.02.006 2.04.138 3 .405 2.28-1.552 3.285-1.23 3.285-1.23.645 1.653.24 2.873.12 3.176.765.84 1.23 1.91 1.23 3.22 0 4.61-2.805 5.625-5.475 5.92.42.36.81 1.096.81 2.22 0 1.606-.015 2.896-.015 3.286 0 .315.21.69.825.57C20.565 22.092 24 17.592 24 12.297c0-6.627-5.373-12-12-12'/%3E%3C/svg%3E")
   no-repeat;
}
docusaurus.config.js
themeConfig: {
...
  {
    href: 'https://github.com/ycatch/docusaurus',
    className: 'header-github-link',
    'aria-label': 'GitHub repository',
     position: 'right',
  },
...
},
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
y_catch

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?