Edited at

CentOS7のPHPをダウングレードしたのでメモ

More than 1 year has passed since last update.

 諸事情により、以下のクラウド環境におけるPHPを7.0から5.6にダウングレードした。


  • CentOS 7系

  • Apache 2.4

  • PHP 7.0.3


1. インストールされているPHPのモジュールを確認

yum list installed | grep php

こんな感じでズラーとでる。

php70-php-common.x86_64              7.0.18-1.el7.remi               @remi

php70-php-fpm.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-gd.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-json.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-mbstring.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-mcrypt.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-mysqlnd.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-pdo.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-php-pecl-zip.x86_64 1.14.0-1.el7.remi @remi
php70-php-xml.x86_64 7.0.18-1.el7.remi @remi
php70-runtime.x86_64 1.0-5.el7.remi @remi


2. PHP7を拡張モジュール含め全てアンインストール

正規表現でやってもいいが、こんな感じでスペースで指定

-yオプションは、依存関係も含めて確認なしでremoveしてくれる。

yum -y remove php70-php-common php70-php-fpm php70-php-gd ....


3. php5.6のremiをインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt


4. パスを変更する

 以下パスの更新コマンドが書いてあるので、コピペで実行する。

/opt/remi/php56/enable

export PATH=/opt/remi/php56/root/usr/bin:/opt/remi/php56/root/usr/sbin${PATH:+:${PATH}}

export LD_LIBRARY_PATH=/opt/remi/php56/root/usr/lib64${LD_LIBRARY_PATH:+:${LD_LIBRARY_PATH}}
export MANPATH=/opt/remi/php56/root/usr/share/man:${MANPATH}


5. Apache再起動

/bin/systemctl restart  httpd.service


確認して終わり

php -v

PHP 5.6.36 (cli) (built: Apr 25 2018 09:44:45)

Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies