Edited at

開発用にVagrantの設定、Laravelのインストール

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

 前回ではVagrant上で、LAMP環境の構築を行った。ここでは、laravelのインストールと実開発するためのセットアップの手順を扱う。ここまでできたら、laravelの環境構築は完了。

 

また、ややこしいのでゲストマシン、ホストマシンを以下のように定義する。


  • ホストマシン:windows, mac

  • ゲストマシン:Vagrant上のUbuntsu

 仮想環境の仕様上、ゲストマシンにそのままLaravelをインストールしても、ホストマシンからゲストのLaravelにアクセスできない。仮想とはいえローカル環境なので、Sublime TextやVS Codeなどで開発したい。これに対しては、Vagrantのゲストマシンとホストマシンがデータを共有できる仕組みで解決する。


1. Vagrantfileを編集する

 以下を追記する。Vagrantに対して、ホストディレクトリのパーミッションを777にして同期する設定

config.vm.synced_folder ".", "/vagrant",  mount_options: ['dmode=777','fmode=755']

既にvagrant upをしている場合は、vagrant reloadを行い設定ファイルを反映させる。


1. Laravelをインストール


仮想環境にログイン

vagrant ssh


gitをインストール

sudo apt-get install git


Composerをインストール

 Composerは、PHPの依存管理ツール。jsでいうnpm日書い位置づけ。モダンなPHPフレームワークは、ほとんどComposerで管理するのがデファクトスタンダードとなっている。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php


Composerコマンドをマシンのどこからでもつかえるようにバイナリを移動する

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer


Laravelをインストールするディレクトリへ移動

 cdコマンドでlaravelをインストールするディレクトリまで移動する。ここはかならず、/vagrantにする。

cd /vagrant


クローンする

 idとパスワードを聞かれたらbitbucketのアカウント情報を入力する。

git clone https://bitbucket.org/XXXX/XXXXXXXXXXX


Laravelをセットアップする

1. cd laravel

2. composer update
3. sudo mv .env.example .env
4. php artisan key:generate
5. chmod -R 777 storage
6. chmod -R 777 bootstrap/cache

3~6の処理は公式のonfigurationから引用。


シンボリックリンクをはり、ゲストマシンがLaravelのindex.phpを参照するように変更する

sudo ln -s /vagrant/pug/public/index.php /var/www/html


/vagrant/laravelプロジェクト/public/.htaccessを書き換え


Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^ index.php [L]

ここまでやると、http://192.168.33.10/ でLaravelのWelcame ページが表示されるはず。