Edited at

社内限定サイトにCloudFrontを使う(EC2オリジン)

More than 1 year has passed since last update.

例えば本番リリース前のAWS検証環境は、社内限定のアクセス制限をかけていることが多いと思いますが、

EC2のセキュリティグループを社内IPのみに制限していると、CloudFrontからのアクセスも遮断されてしまいます。

ですので、CloudFrontからのアクセスも許可しておく必要があります。

CloudFrontの送信元IPアドレスの範囲を以下のURLから確認します。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/LocationsOfEdgeServers.html

※2017/4/27現在、以下のCIDRのみHTTP、HTTPSの通信を許可しています。

13.32.0.0/15

13.54.63.128/26
34.195.252.0/24
35.162.63.192/26
35.167.191.128/26
52.15.127.128/26
52.46.0.0/18
52.52.191.128/26
52.56.127.0/25
52.57.254.0/24
52.66.194.128/26
52.78.247.128/26
52.84.0.0/15
52.199.127.192/26
52.212.248.0/26
52.220.191.0/26
52.222.128.0/17
54.182.0.0/16
54.192.0.0/16
54.230.0.0/16
54.233.255.128/26
54.239.128.0/18
54.239.192.0/19
54.240.128.0/18
204.246.164.0/22
204.246.168.0/22
204.246.174.0/23
204.246.176.0/20
205.251.192.0/19
205.251.249.0/24
205.251.250.0/23
205.251.252.0/23
205.251.254.0/24
216.137.32.0/19

上記CIDRをHTTP、HTTPSに対して追加すると、34個分のルールが消費されてしまいます。

1セキュリティグループのルール設定上限値はデフォルトで50のため、このセキュリティグループはCloudFront専用とし、EC2個別のセキュリティ設定は、別途セキュリティグループを設定するのが良いと思います。