Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Xcode] Carthageで導入したライブラリを削除する、またはCarthage自体の利用を止める手順

More than 1 year has passed since last update.

Carthageによるライブラリの導入手順は良く見かけるのですが、削除手順は案外見かけないので、まとめてみました。
分かっている人にとっては、今更ネタなのかもしれませんが…

本稿で前提とする環境は以下の通りです。

Items Version
Xcode 9.2
Carthage 0.27.0

1.Targets

  • Build Phases > Link Binary With Librariesにて削除したいライブラリを選択し、「-」をクリックする。
    スクリーンショット 2018-01-02 11.57.12.png

  • Build Phases > Run Script > Input Filesにて削除したいライブラリを選択し、「-」をクリックする。
    スクリーンショット 2018-01-02 12.05.53.png

  • Carthageの利用を止める場合は、さらに、

    • Build Phases > Run Script > ShellからCarthageの記述を削除する。
    • Build Settings > Framework Search PathsからCarthageの記述を削除する。

2.Frameworks

  • Frameworksにて削除したいライブラリを右クリックし、「Delete」をクリックする。
    スクリーンショット 2018-01-02 11.58.04.png

  • 参照のみ削除するか、ファイルをゴミ箱に入れるか聞かれます。潔く「Move to Trash」で良いと思います。
    スクリーンショット 2018-01-02 12.01.17.png

3.Cartfile

  • 特定のライブラリを削除したい場合
    • 削除したいライブラリの記述を削除する。
  • アプリでCarthageの利用を止める(Carthageで管理するライブラリが無くなる)場合
    • Cartfileごと削除する。

4.仕上げ

  • 特定のライブラリを削除した場合
    • プロジェクトフォルダ > 「Carthage」フォルダ > 「Build」および「Checkouts」フォルダを削除し、carthage updateをやり直す。(のが無難かと思われます)
  • Carthageの利用を止める場合
    • 「Carthage」フォルダごと削除する。

あとは、プロジェクトをビルドしてみて、エラーがでなければOKです!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away