Help us understand the problem. What is going on with this article?

App Store Small Business Programを申請してみた

App Store Small Business Programとは?

年間収益が100万ドル以下のデベロッパーに対して、有料AppおよびApp内課金への手数料が、30%から15%に引き下げられるプログラムです。

Apple Developer ニュースとアップデート
App Store Small Business Programを発表
App Store Small Business Programへの登録受付開始

申請手順

App Store Connectにサインインします。
スクリーンショット 2020-12-06 9.43.26.png
「Review the updated Paid Applications Schedule.」の警告が表示されている場合は「Agreements, Tax, and Banking」をクリックして同意を行います。
これは、今までにも有料アプリの規約が変更になった際に行っていた手続きです。

上の警告が表示されなくなったら「Learn More」をクリックします。


App Store Small Business Programの概要説明ページが表示されます。
スクロールしていくと以下の画面にたどり着きます。
スクリーンショット 2020-12-06 9.44.05.png
「Enroll」をクリックします。


スクリーンショット 2020-12-06 9.45.35.png
冒頭の警告表示に対する確認項目と思われます。
「Yes, I have accepted.」チェックボックスをオンにします。


続いて、「他の関連する開発者アカウントを保持しているか」に関する確認項目があります。
スクリーンショット 2020-12-06 10.09.28.png
いくつかの項目があります。

以下のような背景に基づく確認項目のようです。

TechCrunch Japanより引用:

12月31日以降にプログラムが開始されると、参加デベロッパーは他のアカウントとの間でアプリを移せなくなる。
これはおそらく、開発者による「このアプリは儲かりすぎたため、早く他のアカウントに切り替えてしまおう」といった行為を防ぐためだ。
「2020年12月31日以降にアプリを移そうとした場合、または2020年12月31日以降に開始されたアプリの移転を受け入れた場合、プログラムに参加する資格がなくなります」と、アップルは記述している

複数の開発者アカウントを管理している場合、それらを特定するようにアップルは求めている

私の場合は個人の開発者であり他に関連するアカウントはないため、全て「No」を選択しました。


スクリーンショット 2020-12-06 9.49.02.png
チェックボックスをオンにして「Submit」をクリックします。


スクリーンショット 2020-12-06 9.51.57.png
上の画面が表示されます。


以上で手続きは完了のようです。

Apple Developerから「We’ve received your request to join the App Store Small Business Program.」というタイトルのメールが飛んできます。

We’ll review your details and let you know your enrollment status by December 30, 2020.

メール本文によると、2020年12月30日に審査結果が出るようです。

ご注意:
本記事執筆時点ではまだ審査が終わっていませんので、上記が正しい手順であることを証明できません。
申請の際は自己責任でお願いします。
(2020/12/24 追記)
審査が無事に通ったようですので、結果を別記事として書きました。
続・App Store Small Business Programを申請してみた→結果が出ました

y-some
40代後半のおっさんエンジニアです。ここ数年はSwiftでiOSアプリを開発してます。このサイトへの掲載内容はあくまで私個人の見解であり、所属企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away