Design
ユーザーテスト
UXデザイン関連
ユーザビリティ

初めまして。

今回は、デザイナーという枠を超えて、モノづくりに関わる人全てに必要な「ユーザー視点」に関するご紹介をしたいと思います。
どんな製品でも、ユーザーであれば購入時に「使い勝手」や「見た目」で購入の有無を決定するでしょう。
そんなの当たり前と言われるかもしれませんが、いざ生産者の立場になると、「ユーザー視点の重要性は分かるが、どう調査したらいいかわからない。」と言う悩みから、なかなか調査まで踏み込めない。

実は、最小限の人数と最小限のリスクでできる調査があるのです。

それが今回ご紹介する「3人でできるセルフユーザビリティテスト(以下「SUT」)」。
この手法を教えてくださった UX DAYS TOKYO主催「セルフユーザビリティテスト検定講座」の内容を紹介します。

uxtokyo_ttl.png

こんな方におすすめ

  • 今までなんとなく自己流で操作性のテストを行っていた
  • 企業で実際にどういうUTが行われているかを知りたい
  • UIやUXについて学んでみたい
  • サイトの設計にいつも悩む
  • 上司の「なんとなくこうした方が使いやすいのでは?」という意見に振り回されることが多い
  • サイトを見る目を伸ばしたい

実際にやってみましょう

メンバー数

3名(最低人数)

それぞれの役割

  1. 被験者:テストを受ける人
  2. 記録者:テストを記録する人
  3. モデレーター:テストの進行役および観察する人

1.被験者:ユーザーの役になりきり、操作をする人(※開発に関わっている人はNG)

  • 開発に関わっている人は被験者にはなれない。
  • 気を使わないで思ったことを言葉にして伝える。
  • 行動や次に予測されるアクションを言葉に出して伝える。
  • 気を遣ってコンバージョンしようとするけど、しなくていい。
  • 離脱してもいいが、離脱した理由を述べる事が必要。

2.記録者:被験者の操作中言動や感情変化、行動を記録する。

  • 全部かけばいいわけではない。ポイントだけ押さえればいい(操作が止まったところ、や戻ったりしたところなど)

3.モデレーター:被験者の操作中言動や感情変化、行動を記録する。

  • 被験者から職業/年齢/プライベート..etc. をヒアリングして被験者のざっくりとした背景を知る。
  • ネットショッピングやっているか、やっているなら例えばどこのネットショッピングやっているか、などヒアリングしてある程度のネットショッピング慣れを掴む。

全体の流れ

  1. 記録者がテスト対象ページのトップページを提示し、被験者にこのページを利用してどんなことをやってほしいか目的を伝える。
  2. 被験者はその目的を理解の上、トップページから操作を始める。
  3. 被験者が目的が果たせた段階でテストは終了。

それぞれの役割

モデレーター

  • 被験者が操作しているところをカメラで撮影する。
  • モデレーターは、ユーザーに精神的なプレッシャーをかけることや操作を教える行為は厳禁。
  • モデレーターはユーザーの操作や感情的行為についていちいち聞く。
  • モデレーターは、被験者がクリックし終えたら、考えていたものが表示されたかを質問する。

記録者

  • 記録者は、手が止まったところで何を考えているのか被験者に質問する。
  • 記録者は、被験者の行動や、したかったと思われる内容をメモする。

たった5回のテストで課題抽出できます

「最低3名でテストを行えたとしても、何回行えば効果が出るの?」
という疑問が残りますよね。
なんと、5回である程度課題抽出できるのだそう。。驚きですね。

ポイント

  • UTは単独(1人)でも行えます。(その場合、斜め上からのカメラと録音が必要)
  • 被験者が初めて操作をした時、どちらをクリックするか注目する。
  • テスト中に被験者の手が止まった時に、モデレーターが「今何を考えていますか?」などヒアリングすること。
  • 被験者は、操作時に感じたことを事細かに声に出して周りに伝える。

やってみると、ここが発見できます

  • ユーザーがほしいと思っている機能を知ることできる。
  • チーム内の意識統一ができる。
  • UIの操作性を検証をすることができる。
  • ユーザーが思ったことや感じている心(インサイト)を全部知ることができる。
  • UTテストは被験者がいれば一人でもできる。
  • ウェブサイトの操作性を検証する
  • ナビゲーションAよりナビゲーションBがいいかどうかわかる。

やり続けることが大切

  • やみくもにやればいいわけではありません。結果から学び、やる意味を掴みましょう。
  • とにかく場数を増やしてからだで覚えましょう。やり方のコツがわかってきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。
人員コストや時間を削減できる上に、被験者は5名いれば課題抽出できる。
短期的にPDCAを回す際にはまさに頼りになる手法です。

参考・協力

こちらは、UX DAYS TOKYOさん主催の「セルフユーザビリティテスト検定講座」での情報を元に紹介させて頂きました。