Edited at

Pydioで自分専用オンラインストレージを構築(CentOS7)

Pydioはオープンソースの比較的軽量なストレージサーバです。

 似たようなツールにownCloudというものもありますが、権限設定などPydioのほうが細かくできるイメージです。マイナーなツールかもしれないですが、自分専用のオンラインストレージが構築できて面白いと思います。PHP製です。


参考

・Install Pydio7 on CentOS7

・Pydio公式


前提

yum updateなど初期設定済み

firewalld無効化

SELINUX無効化

とりあえずMariaDBでやります。


Pydioインストール

※rootでの作業とします。

必要なパッケージインストール

yum install epel-release mysql php-mysql

Pydio , MySQL RPMを取得
rpm -Uvh http://repo.mysql.com/mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm
rpm -Uvh http://dl.ajaxplorer.info/repos/pydio-release-1-1.noarch.rpm

PydioとMariaDBをインストール
yum install mysql-server pydio


Pydio設定

インストールが完了したら、Apacheの設定をします。

cp /etc/httpd/conf.d/pydio.conf /etc/httpd/conf.d/pydio.conf.org

vi /etc/httpd/conf.d/pydio.conf
※以下記載。

Alias /pydio /usr/share/pydio
Alias /pydio_public /var/lib/pydio/public

<Directory /usr/share/pydio>
Options FollowSymlinks
AllowOverride none
Require all granted
</Directory>

Pydioで保管するファイルなどはデフォルトで、/var/lib/pydio/dataに保管されます。

これを変更したければ、/etc/pydio/bootstrap_context.phpに記載されている

以下の行を修正し、データフォルダを移動してください。

define("AJXP_DATA_PATH", "/var/lib/pydio");

設定を読みこむためサービス再起動。

systemctl restart httpd

systemctl enable httpd

次にMariaDBを構成します。

起動

systemctl start mysql
systemctl enable mysql

初期設定
mysql_secure_installation
※ルートパスワードを設定するように求められたら、y+ENTERを押します。

Pydioユーザ、データベースの作成
mysql -u root -p
mysql> create database pydio;
mysql> create user pydio@localhost identified by 'Pydioユーザのパスワード';
mysql> grant all on pydio.* to pydio@localhost;
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit;

ブラウザを使用してにアクセスします。

http://サーバIP/pydio

SSL設定などしていないためWarningがでていますが、後から設定出来るため

"click here to continue to Pydio."をクリックします。

次の画面で"日本語"を選択し、"Start Wizard!"をクリックすると各種設定ができます。



"Admin access"をクリックし、管理者ユーザ名、パスワードを入力します。

"Global options"では文字コードや言語、メール設定もできます。

"Configurations storage"の"STORAGE TYPE"よりDatabaseを選択し、"USER"、"PASSWORD"には先程設定したPydioユーザのものを入力しましょう。

"Add Some Users"より管理ユーザ以外のユーザを作成できます。



そうしたら下部の"Install Pydio Now"をクリックしましょう!

.htaccessファイルの内容が表示されることがあるので、そうしたらコピーして/usr/share/pydio/.htaccessに貼り付けてから、再度ブラウザで表示させましょう。

このようなトップ画面が表示されます。

ログイン後の画面ですが、WORKSPACEを作成し、WORKSPACEごとにユーザを追加してファイルを共有することもできれば、自分だけ閲覧可能な専用WORKSPACEを作ることもできます。

My Filesをクリックし画像をアップロードしてみましょう。

右上"新規ディレクトリ作成"で"pictures"というディレクトリを作成します。



picturesと入力。



pictuiresディレクトリが作成されました。

右上に"アップロード"というボタンもありますが、この時点でドラッグ&ドロップすれば

画像をアップロードできます。

 他にも機能はありますが、そう難しくないのでDropBoxなどの感覚でいじっていけば何となくわかります。デザインもかっこいいし使いやすいです。