Help us understand the problem. What is going on with this article?

Reactコンポーネントでのスプレッド構文はよくよく考えたら気持ち悪くなかった

More than 1 year has passed since last update.

Reactでオブジェクトを丸ごとPropsとしてComponentとして渡したい時に、スプレッド構文を良く使います。

<HogeComponent {...hogeProps}/> //hoge propskeyvaluekey={value}の形でpropsとして展開する

これ、よく使いはしていたのですが今まで気持ち悪いなぁと思って使っていました。
普通にpropsを書くならXMLに属性を与えるのと同じですが、key=valueの形ではなくスプレッド演算子を書くという見た目に正直気持ち悪さを感じていました。

JSXはテンプレートではない

ただ、この気持ち悪さは「JSXはHTMLテンプレートの類だ」という思い込みによるものでした。
(Reactより先にVueを触っていたのでそのバイアスがかかっていたようです)
実際は、JSXはJSX is an XML-like syntax extension to ECMAScript 1 つまりあくまでもXMLっぽく書けるjavascriptです。
いつもJSXで書いているタグはXMLではなく、React.createElementの糖衣構文に過ぎません。

React.createElementとJSX

JSXで書いたタグは以下のような形でReact.createElementに変換されます。

<Hoge fuga='fuga' piyo='piyo'>
 <div>exmaple</div>
</Hoge>

React.createElement('Hoge',
  {
    fuga: 'fuga',
    piyo: 'piyo'
  },
  React.createElement('div',null,'example')
);

第1引数:タグ名(HTMLタグ,Reactコンポーネント名,React.Fragmentの何れか)
第2引数:各propsをまとめてObject化したもの
第3引数:タグの子要素(こちらもタグだった場合React.createElementに展開)

これがスプレッド構文利用パターンだと

<Hoge {...hogeProps}>
 <div>exmaple</div>
</Hoge>

React.createElement('Hoge',
  {...hogeProps},
  React.createElement('div',null,'example')
);

となるわけです。
引数として{...hogeProps}という形で値を渡すのは別に普通ということですね。

まとめ

  • jsx中のタグはReact.createElementの糖衣構文
  • 変換先をイメージすれば別に気持ち悪く無い
  • それでもなお気持ち悪いというのなら、全てReact.createElementで書けばいい(暴論)
xx2xyyy
技術チーム新設に伴い、新人CTOになりました。 日々修行中です。
english-bootcamp
2日20時間の超短期集中英会話スクールを運営。Webやアプリへの展開も計画中です。
https://english-bootcamp.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした