Posted at

第1回最安インスタンスチャンピオンシップ~UnixBench編~

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは。しめさばです。


企画の趣旨

各社のVPSやクラウドなどの中で、月額1000円を切るような低価格帯のインスタンスが、計算資源としてどれくらい頑張ってくれるのかを試してみたかったというものです。


今回のラインナップ

とりあえず適当に10個選んでみました。

No.
サービス名
プラン名
メモリ
CPU
ディスク
月額料金(税抜)
時間課金
転送量

1
ConoHa
512MB
512MB
仮想1コア
SSD 20GB
¥630
あり
規定なし

2
DigitalOcean

512MB
仮想1コア
SSD 20GB
$5
あり
1TB込み

3
ServersMan@VPS
Entry
保証1GB
記載なし
50GB
¥467
なし
規定なし

4
AWS
t2.nano
512MB
仮想1コア
gp2 20GB
$11.92
あり
転送量課金あり

5
LightSail

512MB
仮想1コア
SSD 20GB
$5
あり
1TB込み

6
IDCFクラウド
Light.S1
1GB
仮想1コア
SSD 15GB
¥500
あり
規定なし

7
KAGOYA CLOUD/2
KVM/1コア/1GB
1GB
仮想1コア
SSD 20GB
¥600
あり
規定なし

8
KAGOYA CLOUD/2
OpenVZ/3コア/HDD200GB
保証1GB/最大2GB
仮想3コア
HDD 200GB
¥800
あり
規定なし

9
KAGOYA CLOUD/2
OpenVZ/3コア/SSD80GB
保証1GB/最大2GB
仮想3コア
SSD 80GB
¥800
あり
規定なし

10
WebARENA VPSクラウド
512M-SSDタイプ(KVM)
512MB
仮想1コア
SSD 20GB
¥360
あり
規定なし

仮想化方式についてはKVMなどのハイパーバイザ型とOpenVZなどのコンテナ型に分かれます。ハイパーバイザ型はマシンの仮想化、コンテナ型はOSの仮想化、とでも説明しておけば良いでしょうか(かなり端折ってる)。仮想化しているレベルに違いがあるためできることできないことがあります。例えばコンテナ型は動的にディスク容量を変更することができますが、使えないコマンドがあったりします。この話は書けば書くほどボロが出そうで怖いのでこのへんにしておきます。


UnixBench測定結果

今回は前述の各インスタンスでUnixBenchを実行した結果を掲載します。UnixBenchはシステムのベンチマークという位置づけですが、主にCPUのベンチマークとお考え下さい。UnixBenchの手順はこちらのサイトを参考にしました。UnixBenchスコアの列にはSystem Benchmarks Index Scoreを記載しています。

No.
サービス名
プラン名
メモリ
CPU
ディスク
UnixBenchスコア

1
ConoHa
512MB
512MB
仮想1コア
SSD 20GB
1509.7

2
DigitalOcean

512MB
仮想1コア
SSD 20GB
1228.3

3
ServersMan@VPS
Entry
保証1GB
記載なし
50GB
379.2/365.7

4
AWS
t2.nano
512MB
仮想1コア
gp2 20GB
2005.5

5
LightSail

512MB
仮想1コア
SSD 20GB
1953.8

6
IDCFクラウド
Light.S1
1GB
仮想1コア
SSD 15GB
447.4

7
KAGOYA CLOUD/2
KVM/1コア/1GB
1GB
仮想1コア
SSD 20GB
1578.5

8
KAGOYA CLOUD/2
OpenVZ/3コア/HDD200GB
保証1GB/最大2GB
仮想3コア
HDD 200GB
1053.9/2237.7

9
KAGOYA CLOUD/2
OpenVZ/3コア/SSD80GB
保証1GB/最大2GB
仮想3コア
SSD 80GB
786.6/1460.6

10
WebARENA VPSクラウド
512M-SSDタイプ(KVM)
512MB
仮想1コア
SSD 20GB
1598.6

AWSのt2.nanoが安定して性能が出ていますが、LightSailの$5プランがほぼ同じくらいの性能をたたき出しているので、クラウド的な機能がいらない場合はLightSailかなり良いでしょう。日本リージョンはありますし。ただUIやマニュアルは、まだ全部英語です。

「ワンコインクラウド」を自称するIDCFクラウドとServersMan@VPSですが、どちらもCPU性能はかなり芳しくないようです。

KAGOYA CLOUD/2とWebARENA VPSクラウドは最近リニューアルしたサービスなのでどちらもそれなりに良いホストサーバを使っているのか、結構性能が出ているようです。

3,8,9はマルチコアのため前者が1並列のスコア、後者が複数並列のスコアです。ServersMan@VPSはサイトに記載がありませんが、2コア割り当てられているようです。ただ並列しても性能が上がっていないので計算資源としてはあまり期待できないでしょう。一方でKAGOYA CLOUD/2は3コアのため3並列で動いています。3倍とはいきませんが、2倍くらいの性能向上が図られているようなので、複数コアを使いこなせるアプリを動かすときは良いかもしれません。


あいつがいないのはなんで

CloudAtCostも用意したんですが、起動はしてるがネットワークリーチャビリティがダメ過ぎて今回は対象から外しました。コンソールからyum updateもできないレベルにダメだったので、こいつ待ってたらいつまで経っても記事書けないなと思い、外しました。こいつはこいつで面白そうなので、第1回チャンピオンシップが終わったら番外編としてやってやってもいいかもしれません。ちゃんと動けばですが。