5
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

スクラムに最適なツールを探る(Asana編)

背景

前回 の続きとして、謎の集団Zeneloでは最近スクラムを正式導入することをできました。
今回はこれを機にスクラムに最適な管理ツールを探したいと思います。

Asanaの説明

Use Asana to manage your team's work, projects, & tasks online · Asana

Asana(アサナ)とは、ビジネスを成長させる目標、プロジェクト、および日常業務に集中し続けるためにチームが使用する作業管理プラットフォームです。
詳細について上記の公式サイトをご参考ください。

今回の用語説明

  • Task: 文字通りタスクのこと。 Asanaではタスクを複数のProjectに属させることができます。
  • Project: タスクを束ねる概念、プロジェクトの粒度は使う人次第なので、柔軟な使いわけがえきる。

今回はこちらの二つのProjectを使って説明していきたいと思います。

  • PBL: Product Backlog, スクラムチームが今持っている課題とその打ち手を管理するProject。 屏幕截图 2018-12-25 02.59.26.png ※ 例えばPOが最初は粗い粒度のStory10個を用意します。
  • Sprint #n: 特定のSprintを管理するProject。 屏幕截图 2018-12-25 03.00.50.png ※ まだスプリント始まってないのでからです。

セレモニー別で見るAsana

では早速、スクラムの各セレモニーでどう使うのかをみっていきます。

Product Backlog Refinement

こちらのセレモニーでは主に、今対応中のPBLのアイテム(PBI)以外のものについて話し合って、詳細化します。
セレモニーの最後に、優先度の高いのアイテムについて、ある程度明確になっていることが目標です。
話し合った成果をAsanaのPBLプロジェクトに更新する。

屏幕截图 2018-12-25 03.15.14.png

例えばこちらでは、Story1と2について明確化しました。

  • Storyそれぞれに対して説明を追加して、明確化しました。
  • Story1が大きいので、二つ分割しました。

Sprint Planning

こちらのセレモニーではPBL上位のアイテムについてさらに議論して、1Sprintでできるアイテムを見積もって、作業できる単位に細分化し、メンバーにアサインします。
セレモニーの最後に、各メンバーがこれからの作業について明確なイメージを持つことを目指します。
その結果をPBLのProjectに反映しつづ、Sprint #nのプロジェクトにも入れます。

屏幕截图 2018-12-25 03.20.32.png
PBL

  • 各PBIを必要に応じてさらに細分化しました。
  • アサインを決めました
  • Sprint #1 にも入れました。

屏幕截图 2018-12-25 03.23.18.png

Sprint #1

  • 自動的にTODOに入りました。

Daily Scrum

Sprint中なら毎日やるセレモニーです、チームメンバーが作業の進捗共有や、新たな知識をチームに共有するのが目的です。
Sprint #n のプロジェクトを更新しながらやるのはいいじゃないでしょう。
屏幕截图 2018-12-25 03.25.20.png

※ 各Taskについて、チームメンバーが随時コメントでコミュニケーションできます。

Sprint Review

Sprint完了時できたこと、出来なかったことを全員でレビューするセレモニーです。
参加者がユーザの視点から、今のプロダクトの状況を素直に見ることができる。
こちらも、Sprint #n のプロジェクトの状態を見ながらレビューするのがいいと思います。

屏幕截图 2018-12-25 03.27.21.png

屏幕截图 2018-12-25 03.28.01.png

※ 複数のProjectに入っても、同じTask参照しているので状態が同期されています。

Retrospective

各チームが1Sprintでのできことを振り返りしつづ、自分たちの働き方を改善するのは主なお目的です。
Sprint #n のプロジェクトで新しいColumnを足して追記するのはいいと思います。

屏幕截图 2018-12-25 03.31.40.png

※ やったことと振り返りを同時に見れます

まとめ

実際に運用してないが、イメージで書きましたが、これぐらいなら軽くAsana&スクラムを始まれそうではないでしょうか?

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
5
Help us understand the problem. What are the problem?