d3.js
データビジュアライゼーション
e2d3

M1グランプリ2017は本当にすごかったのかをグラフ化してみた

きっかけ

E2D3のワークショップで、『グラフをつくる前に読む本』の作者・松本健太郎氏が、

M1グランプリ2017はすごかったですね

と言っていた。

私は、観ていなかったので、本当にすごかったのかどうか、グラフ化してみた。

m1_orbit.png
ツールチップを付けたD3.js版はこちら

前提・データ収集

まず前提として、M1グランプリ決勝戦は、1stステージで、決勝戦進出の9~10組の出場者が漫才を行い、審査員(毎年、メンバー、人数が変化)が100点満点で審査。その合計の上位3組、ないし、2組が2ndステージに進出し、2度目のネタ披露。審査員はその中で一番面白かったと思う1組に投票。総得票数が一番多かったコンビが優勝となる。また、その中で、敗者復活制度もある。

データは、M1グランプリ公式サイトにあります。
ページ内の「大会の歴史」から過去データにもアクセスできます。

仮説としては、
1. 2017年大会は過去大会よりも、レベルが高かった -> 得点の平均点が高い
2. 接戦・激戦・混戦であった -> 出場組の平均点のばらつきが小さい

ということとして、2017年大会は「きっと、平均点が高く、ばらつきは小さいのでは」と仮定しました。

なお、データは1stステージの各組×審査員の得点のみを使用。今回、2ndステージは考慮してませんので、あしからず。

仮説に従ってデータをつくる

  • year -> 開催年
  • score_mean -> 全組の平均点
  • intenseness -> 接戦の度合(1 / 各大会の平均点の標準偏差)
  • winner -> 優勝組

※ ばらつきの指標としては、大会ごとに出場者数が違うため、標準偏差にしました。その上で、数が大きいほど、接戦の度合が大きいとしたかったので、逆数を取りました

要約したデータは↓↓

year score_mean intenseness winner
2017 90.60000000000001 0.48030906559569353 とろサーモン
2016 90.13333333333333 0.4029114820126905 銀シャリ
2015 89.96296296296295 0.5741108388985465 トレンディエンジェル
2010 90.15873015873017 0.27406527228459493 笑い飯
2009 89.65079365079364 0.29908582824533947 パンクブーブー
2008 89.34920634920634 0.37482075996745506 NON STYLE
2007 87.39682539682539 0.23604447261304098 サンドウィッチマン
2006 87.65079365079366 0.23362193373224205 チュートリアル
2005 86.98412698412699 0.18363211159441903 ブラックマヨネーズ
2004 87.79365079365078 0.23109387206456072 アンタッチャブル
2003 85.4920634920635 0.16790734071483362 フットボールアワー
2002 79.98412698412699 0.20137227201334743 ますだおかだ
2001 71.68999999999998 0.10663206977758906 中川家

グラフ化

とりあえず、散布図にしてみたが、イマイチだったので、オービットチャートで表現。理由としては、"去年よりも面白かった"など、以前と比べてどうだったかを表現したかったため、時間を持ちこんでみました。

なお、オービットチャートについての詳しい話はOrbit charts, and why you should use them | Michel Baudin's Blogを参照してください。

話が逸れますが、私は下のオービットチャートはとても好きなグラフです。
ブラジルのGDPとGNIの推移をプロットしたもので、その時代の政権を色で区分しており、どの政権時代に所得格差が広がったのかなどが分かります。
brazil-gini-versus-gdp-chart.jpg

オービットチャートは、散布図に時間を付加できるのが強みですが、ただし、時間のスケールが均等でなく、視覚と一致しないところが弱点といえます。
あと、軌跡が重なったりすると、見にくかったりしますので、いい軌跡になるとうれしいです

グラフを見て結論

  • 平均点は歴代1位、接戦度は歴代2位と、M1歴史上のベスト大会に入るのではないでしょうか
  • 基本的に平均点、接戦度は上昇傾向にある。再開後2015年大会以降は高いところで留まっている感じ。来年も期待できるのではないでしょうか

よって、結論、来年は見てみよう。