Node.js
mocha
istanbul

Windows環境+node.js+mocha+istanbulでUTしてコードカバレッジを取る

More than 1 year has passed since last update.

前提環境

以下のようなフォルダ構成になっている環境を前提とする。
Windows 7環境で確認。

+node_modules
+src
| +―ソースファイル.js
+test
  +―テストコード.js

Windows上でもmocha+istanbulでコードカバレッジを取りたい。

自分向けのメモ書き。

Node.js + Mocha のUT環境で、コードカバレッジを取りたい!で
検索すると、
npm install mocha istanbul
したうえで、
istanbul cover _mocha
で出来る、ってのがヒットするが、これはLinux環境の話。

Windows環境での実行方法は以下になる。
npm install mocha istanbul
は同様。この状態で、
node node_modules\istanbul\lib\cli.js cover node_modules\mocha\bin\_mocha
すればOK。

もちろん、カバレッジのhtml表示ファイルまで作ってくれる(Linux同様)。
coverage.png

ポイントは、
「Windows上の場合は、node コマンド経由で実行する。
 このとき、mocha の指定は .bin\_mocha ではなく
 mocha\bin\_mocha を使う」
ところか。
mocha ではなく _mocha を指定する理由は以下の参考サイトを参照。

以上。

参考にしたページ

[mocha で coverage が動かなくなったので istanbul にした - あいつの日誌β.html]
http://okamuuu.hatenablog.com/entry/2015/12/04/113606

[node.jsのモジュールの、開発着手時の基本構成。 - daikiueda.hatenablog.com.html]
http://daikiueda.hatenablog.com/entry/2015/03/14/103607

[istanbul + mocha設定メモ - なっく日報.html]
http://yukidarake.hateblo.jp/entry/2015/06/29/202652

mochaコマンドはそのまま渡せないので、_mochaを使う