Posted at

【Ubuntu】iSCSIのターゲット・イニシエーターを構築してサクッとSpeedTestをする

More than 1 year has passed since last update.


なにこれ

iSCSI(IPネットワークを利用してStorage Area Networkを構築可能なプロトコル)の入門の為に、iSCSIターゲットとiSCSIイニシエータを構築し、簡単なR/W速度テストを実施してみました。その時の忘備録です。

今回の構築・テスト環境は下記の環境で実施しています。

RouterもEthernetケーブルもL2スイッチ(図中省略)もGIGABIT対応のものを使っています。

+-----------------------------+

| Router |
| CISCO C841M-4X-JSEC/K9 |
| 172.20.0.1 |
+--------+--------------------+
|
+------------------------------+
| |
+------+---------------------+ +----------+----------+
| INITIATOR | | TARGET |
| DELL XPS 8300 | | Fujitsu RX300S6 |
| (Ubuntu 16.04 on Vagrant) | | (Ubuntu 16.04) |
| 172.20.0.3 | | 172.20.0.6 |
+----------------------------+ +---------------------+

手順中に出てくるIPアドレス、ユーザー名・パスワードは環境に応じて変更してください。


手順


ターゲット側(つながれる方)

# 必要なパッケージのインストール

root@target:~# apt-get -y install iscsitarget iscsitarget-dkms
# iSCSIでアクセスさせるディスク領域の初期化
root@target:~# mkdir /var/iscsi_disks
root@target:~# dd if=/dev/zero of=/var/iscsi_disks/disk01.img count=0 bs=1 seek=10G
# iSCSIターゲットの有効化
root@target:~# vi /etc/default/iscsitarget
ISCSITARGET_ENABLE=true
# iSCSIターゲットの設定(下記を最終行に追記)
root@target:~# vi /etc/iet/ietd.conf
Target iqn.2018-01.tokyo.tgr:target00
Lun 0 Path=/var/iscsi_disks/disk01.img,Type=fileio
initiator-address 172.20.0.3
incominguser username password
root@target:~# systemctl restart iscsitarget


イニシエーター側(つなぐ方)

# 必要なものをいれる

root@initiator:~# apt-get -y install open-iscsi
# 認証方法にCHAPを選択し、ユーザー名・パスワードを指定する
root@initiator:~# vi /etc/iscsi/iscsid.conf
node.session.auth.authmethod = CHAP
node.session.auth.username = username
node.session.auth.password = password
# ターゲットを見つけ出す
root@initiator:~# iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 172.20.0.6
172.20.0.6:3260,1 iqn.2018-01.tokyo.tgr:target00
# ターゲットに接続する
root@initiator:~# iscsiadm -m node -p 172.20.0.6 --login
Logging in to [iface: default, target: iqn.2018-01.tokyo.tgr:target00, portal: 172.20.0.6,3260] (multiple)
Login to [iface: default, target: iqn.2018-01.tokyo.tgr:target00, portal: 172.20.0.6,3260] successful.
# セッション一覧を表示して接続確認する
root@initiator:~# iscsiadm -m session -o show
tcp: [1] 172.20.0.6:3260,1 iqn.2018-01.tokyo.tgr:target00 (non-flash)


ディスク領域の初期化

# パーティーションテーブルの初期化

root@initiator:~# parted --script /dev/sdb "mklabel msdos"
root@initiator:~# parted --script /dev/sdb "mkpart primary 0% 100%"
# ext4で初期化する
root@initiator:~# mkfs.ext4 /dev/sdb1
mke2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Creating filesystem with 2621184 4k blocks and 655360 inodes
Filesystem UUID: fea7d38f-f896-40ec-a8d7-f2953f65414b
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done


ファイルシステムとしてマウントする

root@initiator:~# mount /dev/sdb1 /mnt

root@initiator:~# df -hT
Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/sdb1 ext4 9.8G 23M 9.2G 1% /mnt


簡単なパフォーマンステスト


Write

ddを使って1GBのダミーロードを書き込む。

root@initiator:~# dd if=/dev/zero of=/mnt/aaa bs=1M count=1024

1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 12.0705 s, 89.0 MB/s


Read

hdparamを使った読み込み速度テスト。

root@initiator:~# hdparm -t /dev/sdb1

/dev/sdb1:
Timing buffered disk reads: 168 MB in 3.01 seconds = 55.85 MB/sec


まとめ


  • iSCSIを活用して別HOSTにあるディスク(正確には仮想的なディスクのイメージ)をマウントできた

  • 読み込み55.9 MB/s(447 MBps)・書き込み 89.0 MB/s (712 MBps)の書き込み速度が得られた。読み込みのほうがもっと早いイメージがあったが、意外な結果になったので調査中。

  • Windows標準搭載のiSCSIイニシエーターだと、CHAP認証関連のエラーで接続ができなかった。

  • とりあえず、iSCSIに手軽に入門できた