AWS

AWS Summit - データ駆動型サービスの為の生きたプラットフォームの構築


環境の変化と課題


  • ApplicationとRelease Cycleの短縮

  • サービスを駆動させる為のモデル


Amazon EKSへの移行とOprationの改善


  • 既存ペアメタル環境

  • kubernatesのメリット


    • テスト簡単

    • LambdaでSchema変換




Amazon SageMakerによる画像


  • 不適切な画像の排除

  • Privacyの処理

  • 既存の課題


    • システム管理の複雑さ

    • 無駄なコストの発生

    • 本番利用の難しい, リリース後のアップデート



  • 導入後


    • Notebook -> Train -> Deploy

    • 開発のプロセスの効率化

    • コスト削減, Multi Instance

    • Train cost削減, 30%

    • MXNet/Gluon YOLOv3, GluonCV




何時でもHotな分析する環境

Athena, Elasticsearch, Kibana, Kinesis Firehose


Terraform と CloudFormationの同時運用


  • インフラテストの実装が必要だと思います