Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Git】GUIツールGitKrakenの設定周りの紹介

この記事はMicroAd Advent Calendar 2019の24日目の記事です(仕事が忙しすぎて投稿が間に合いませんでした、申し訳ありません、、、)。

前書き

以前「【Git】GUIツールGitKrakenで気に入っている3つのポイント - Qiita」という記事を投稿した者です。

前回はどちらかというと好き寄りの話でしたが、今回はより実用的な内容を目指して、一部ですがGitKrakenの設定周りをご紹介したいと思います。
紹介する内容は以下の4点です。

  • pull/fetch関連設定
    • pullオプション/fetchの選択
    • Auto-Fetch間隔の設定
  • UI設定
    • テーマ設定
    • フォント設定

GitKrakenについて

本文に入る前に、GitKrakenについて大雑把に書きます(前回のコピぺです)。

GitKrakenはAxosoftによるGitのGUIツールです。
Windows, Mac, Linuxなどクロスプラットフォームで動作します。

Free, Individual, Proのライセンスがあり、それぞれできることが違いますが、今回はPro版(5000円強/学生なら無料)を使って解説していきます。

起動画面のイカちゃん

くるくる回ります。
image.png

基本的な画面構成

機能解説に入る前に、基本的な画面構成全体の画像です。
大まかに、左がブランチ・リポジトリ等の一覧、中央がグラフィック化されたブランチ、右がDiffや未Commitの内容等という構成になっています。
image.png

pull/fetch関連設定

pullオプション/fetchの選択

デフォルトでは中央上のボタンからpull等を行うことができます。
スクリーンショット 2019-12-22 16.27.24.png

このpullはオプションを切り替えたり、fetchのみにすることができます。
スクリーンショット 2019-12-22 16.26.30.png

自分はこの設定をfetchに合わせて運用しています。
理由は、どうせブランチの変更はGUI上から行うため、勝手に現状が変更されてしまうよりも安全だからです。

Auto-Fetch間隔の設定

前回の記事では「リアルタイムで他の人のブランチも見れて便利!」という内容を書きましたが、その実態は一定間隔でのfetch呼び出しです。
この機能は確かに便利ですが、その周期が速すぎて重かったり、求めていないから切りたいという場合もあるでしょう。

そういった設定はPreferences -> Generalの一番上にあるAuto-Fetch Intervalから設定できます。
文言の通り、0でAuto-Fetch無効化、最大60分のインターバルを設定できます。
スクリーンショット 2019-12-22 16.59.12.png

個人的にはデフォルトの1で困っていませんが、「必要なら手動でfetchするし、ずっと見てないならもうちょっと間隔長くても問題ないかな」とは思います。

UI設定

テーマ設定

デフォルトテーマはDarkが選択されていますが、Preferences -> UI Preferencesの一番上のThemeからLightを選択することもできます。
スクリーンショット 2019-12-22 17.13.31.png

Lightを設定した様子です。
いつもとかなり違う雰囲気になりますね。
スクリーンショット 2019-12-22 17.16.22.png
スクリーンショット 2019-12-25 10.24.24.png

フォント設定

ファイル変更やマージツール画面に表示されるコードのフォントやサイズ、も、Preferences -> Editor Preferencesから変更が可能です。

MacのデフォルトではMonacoフォントが設定されています。
スクリーンショット 2019-12-25 13.13.41.png

この状態で編集を行うと以下のような表示になります。
スクリーンショット 2019-12-25 13.04.15.png

これをMonoidフォントに変えてみます。
スクリーンショット 2019-12-25 13.03.28.png

すると、特徴的な合字もしっかり表示できています。
スクリーンショット 2019-12-25 13.09.54.png

終わりに

今回はGitKrakenの設定可能項目を一部ですが紹介しました。

前回記事を投稿した9月末の最新は6.2.1でしたが、そこからも活発にアップデートは進み、現在の最新バージョンは6.4.1になっています(先日Gitの脆弱性が話題になりましたが、それへの対応もされています)。

デフォルトでも非常に使い勝手のよいGitKrakenですが、設定面でも様々なチューニングが可能です。
Pro版はちょっとお高いですが、値段相応の価値のあるツールですので、是非一度使ってみて下さい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした