quickrun.vim というプラグインがあり、バッファ上にあるコードをシュッと実行することができます。

 Rust も対応していますが、デフォルトで設定されている rustc よりも cargo を呼んでくれるほうが嬉しいと思うので、そのようにします。拡張子 .crs というのは、先日に言及した cargo-script のファイルです。

autocmd BufNewFile,BufRead *.crs setf rust
autocmd BufNewFile,BufRead *.rs  let g:quickrun_config.rust = {'exec' : 'cargo run'}
autocmd BufNewFile,BufRead *.crs let g:quickrun_config.rust = {'exec' : 'cargo script %s -- %a'}

適当にコードを書き、ノーマルモードで \r:QuickRun を叩きます。

wrote

やりました。

run

引数を渡したいときは :QuickRun -args "foo bar baz" のように書きます。

run with arguments

シュッとやっていきましょう。