Processing

知っている人には今更な話なんですが processing という面白い言語(というかプラットフォーム)があります。

非常に手軽にアルゴリズムアートみたいなものを作れるので気に入っています。Cのようなjavaのような言語なのですが いろいろとデフォルトの設定があるため、非常に簡単にCGプログラミングを始められるため、初心者にもおすすめの言語です。


p5.js

その processing が javascript に移植された、という事は聞いていたのですがそれほど期待していませんでした。がっ! 私が間違っておりました!(土下座)

まずは以下のリンクを見ていただきたい

http://www.bnn.co.jp/support/generativedesign_p5js/

それぞれの作品(スケッチと呼ぶ)のアイコンをクリックすると Webエディターにジャンプしてソースコードを見ながら実行できます。

Generative Design(通称:鈍器) の内容がすべて p5.js に移植されているではないですか!

そしてなんとWebGLに対応している。。。


試してみました

それで試しに作成したのがこれ。

https://editor.p5js.org/wittyfool/sketches/Hk7-h_v57

三角形の再生ボタンを押すとプログラムが走ります

このwebエディターも本当に良くできているんですよ。

ローカルの開発環境は要らないかな・・・

参考

p5.jsがWebGL&3D対応。軽くいじってみます

https://qiita.com/hp0me/items/1570694d9f61368f3ae6