Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel6系で始めるか、Laravel5系を使うべきか迷う人へ

最近、新しくLaravel 6がリリースされました。

これまで『5.1』『5.2』等で刻んでいた中、『6.0』が出たのは大きな変更に思えます。

Laravel 6.0がリリースされたばかりで記事や書籍などが出揃っていないため、Laravel 6.0を採用するのは時期尚早なのでしょうか。

結論から言うと、Laravel 6.0はLaravel 5.8と大きな違いはありません。これまでのバージョンアップと同程度の差なので、Laravel5系の書籍や記事の情報はそのまま使うことができます。

注意

この記事はLaravel 6.0がリリースされた2019年9月時点での事情を説明しています。

■結論

  1. Laravelのバージョンは6.0以降セマンティックバージョニングが採用された
  2. Laravel 6.0は実質5.9なので、変更の差は今までのバージョンアップと一緒(今回言いたいこと)
  3. Laravel 6.0を使うといいよ(LTS等、理由の詳細略)

なぜ迷うのか

たぶん、この記事を見た人は、きっと不安に思っていると思います。

『Laravel 6系の記事まだ少ない』

『出版されてる本、Laravel 6系対応のはまだない』

『Laravel 5系ならいろいろ本あるし安心』

この『Laravel 5系』という言葉に、誤解があり、それを解くのが今回の記事の目的です。

6.0は実質5.9

今回のバージョンアップ、『一番上の数値が増えたから、きっといっぱい変わったんだろう』。

いいえ、違います。そんなに大きな違いはありません。

以下は詳細に読む必要はありませんが、ちらっとリリースノートを見てください。

項目少なくないですか?

■リリースノート
https://readouble.com/laravel/6.0/ja/releases.html

■アップグレードガイド
https://readouble.com/laravel/6.0/ja/upgrade.html

ここで重要なのが、『セマンティックバージョニングに変わった』という点です。

Laravel 6.0から、番号の付け方変わった

簡単にいうと、

Laravel 5.1->5.2->5.3

Laravel 6->7->8

ってバージョンアップに変わります。

つまり。

Laravel 6.0は実質Laravel 5.9だよ!

Laravel 6系の本がない・・・って思っても、Laravel 5.7とか5.8使ってた知識で、だいたい使えるよ!

どうでもいい話。

https://github.com/laravel/laravel/blob/5.8/composer.json#L13

https://github.com/laravel/laravel/blob/master/composer.json#L13

セマンティックバージョニングになったから、composer.jsonも『^』の書き方になりましたね!

これはテンション上がりますよね(*‘ω‘ *)

willow710kut
毎日ブログ書いてる人。 登壇したり、登壇しなかったり。 PHPConferenceやLaravelJPConferenceとかに出没。
https://www.nyamucoro.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした