Edited at

テクノロジーは人が本当に集中すべきものに集中できるようにするために存在するべきだ

※本記事では固有名詞を意図的に記載しておりませんが、なんらかのプロダクトやサービス、テクノロジーをご自由に思い浮かべながら、参照していただけますと幸いです。


サービスやプロダクトに求められるもの

ユーザーが利用するサービスやプロダクトには、大きく次の2点が求められます。

1.有用性・・・利用することでメリットを感じられる

2.信頼性・・・継続的に安定してメリットを享受できる

◆ 有用性

時間、金銭、健康、感情などに何らかの影響が生じるものであり、ユーザー自身が利用することによってメリットを感じられること。


  • ユーザーが抱えている問題を解決する


    • 長時間かかっていたものが、短時間ですむようになる。

    • 手作業で行なっていたものが、自動で処理される。

    • 問題は解決しないが、その対処を代行してくれる。



  • ユーザーが新しい価値を体感できる

◆ 信頼性

有用性が確実に提供されることを保証し続けるものであり、安定時にはユーザーは意識しないものだが、不安定時はネガティブな評価としてユーザーに意識されやすいです。


  • ユーザーが同じ操作を繰り返すと、必ず同じ結果を返してくれる。(期待値と結果の一致)

  • ユーザーが使いたい時に、いつでも、どこでも使える。

  • ユーザーが危険にさらされず、安心して利用することができる。


テクノロジーに求められるもの

テクノロジーは、サービスやプロダクトを構成する重要な要素です。

テクノロジーの選択・活用の先に、サービスやプロダクトが成り立ちます。

ですが、どういった技術で構成されているかをユーザーが意識する必要はありません。


  • 例えば、電話を使えば離れた相手と会話することができますが、どうやってそれが実現できているのかをユーザーは意識する必要はなく、その意識は相手との会話の内容に向いています。

  • 自動車やバイクに乗れば速く移動できますが、どうして速く動くのかをユーザーは意識する必要はなく、意識は目的地への道筋に向いています。

このようにユーザーは、そのサービスやプロダクトのことを知っていても、それを実現するテクノロジーについては、あまり意識することなく利用しているのです。サービスやプロダクトを通して、その外側に意識が向かっているのです。

ここで言いたいことは、

「テクノロジーは、人が本当に集中すべきものに、集中できるようにするために存在するべき」

ということです。

もし、思ったように動かなかったり、毎回違う振る舞いをするようなサービスやプロダクトでは、ユーザーの意識は、その内側の挙動に向かってしまいます。外側に本来やりたいことがあったはずなのに、意識も時間も労力も余分に割かれてしまうわけです。

本当によいサービスやプロダクトの要件は、解決される課題や新しい価値体験の細部について、ユーザーが意識しなくてもよい状態を生み出すことです。このような「意識に余白がある」という状態は、その余白の分だけユーザーが「本当に集中したいことに意識を集中できる」ということにもつながっていきます。

IT技術は進化も変化も著しく、新しいテクノロジーもどんどん生まれています。ですが、どのようなテクノロジーも、根底として重要なメッセージは、今も昔も、そしてこれからも変わらないのではないか。

そんな考えが頭をよぎったので、文字に起こしました。答え合わせは、これから先の未来を通して、ブラッシュアップしていければと思います。