2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

ブロックプログラムで遠隔地IoTを行う

obnizのブロックプログラムは複数台のobnizを簡単に扱うことができますが、あんまりみんな使ってないなぁと思うので書いてみます。

↑こういうのをブロックプログラムで作れるよ というお話です

ブロックの作り方

ブロックプログラムでは最初に接続するブロックを書きますが、

スクリーンショット 2020-07-13 17.54.14.png

実はこのブロック、2つつけることもできます。
スクリーンショット 2020-07-13 17.55.05.png

そして下のブロックの"obniz"となっているところを選択して

スクリーンショット 2020-07-13 17.55.07.png

New obniz variableから新しくobnizBをつくると
スクリーンショット 2020-07-13 17.57.35.png

obnizBが選べるようになります。
スクリーンショット 2020-07-13 17.55.18.png

obnizIDも変えたらこれで2つのobnizを同時に使うことができるようになりました。

スクリーンショット 2020-07-13 17.55.25.png

たとえば

たとえば、それぞれのobnizにパーツを接続して、片方のobnizのセンサーデータが条件を満たしたら、もう反対のobnizにくっついているモーターを回す ということもできてしまいます

スクリーンショット 2020-07-13 18.02.33.png

※赤いブロックのモーターは obnizに、青いブロックのセンサはobnizBにつながっています。
違うobnizにつながっているのがポイントです

一つのロジックで動かせるので、わかりやすいですよね。
2つのobnizはどれだけ離れていてもいいので、アメリカにセンサをおいて、日本でモータを動かす なんてこともブロックプログラムでできてしまいます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?