Help us understand the problem. What is going on with this article?

macOS, iOSの座標系の差分を吸収する方法

More than 3 years have passed since last update.

本文書の目的

macOS, iOSのグラフィクスの座標系は、macOSが原点を左下に置くLLO(Lower Left Origin)、iOSが原点を左上に置くULO(Upper Left Origin)と、それぞれ異なっている。これは、macOS, iOSのいずれでも動作するフレームワークを開発するときに、混乱の元となる。
本文書では、macOS, iOS各々の各ソフトウェアコンポーネントの座標系についてまとめる。また、CoreGraphicsベースのフレームワークを作成するときの、座標系選択の戦略について述べる。

履歴

更新履歴

2016/11/08 新規作成

参考文献

座標系

以下に各OS, フレームワークが使用している座標系を挙げる。macOSとiOSで、CoreGraphicsの座標系が異なっている。

カテゴリ macOS iOS
GUI LLO (AppKit) ULO (UIKit)
CoreGraphics LLO ULO

これでは、共用のCoreGraphicsベースのグラフィクスフレームワークを開発しづらいので、CoreGraphicsの座標系をmacOS標準のLLOに統一することにする。
iOSにおいて、CoreGraphicsの座標系をULOからLLOに変えるためには、GUIからCoreGraphicsに与えるパラメータ、CoreGraphicsからGUIに与えるパラメータに関して、座標変換を施す必要がある。
以下の章で、

  1. CoreGraphicsの座標系をULOからLLOに変更する方法
  2. CoreGraphicsとGUIの間で、パラメータの座標系を変換する方法

について述べる。

CoreGraphicsの座標系をULOからLLOに変更する方法

下記の処理を追加することで、CGContextの座標系を変換できる。

context.translateBy(x: 0.0, y: height) // heightはGraphics領域の高さ
context.scaleBy(x: 1.0, y: -1.0)

CoreGraphicsとGUIの間で、パラメータの座標系を変換する方法

ULOからLLOへの変換

各種イベントで位置を表すパラメータ(touchから取得)は、LLOに変更する必要がある:
func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?)
func touchesMoved(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?)
func touchesEnded(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?)
drawメソッドも、
func draw(_ dirtyRect: CGRect)
更新領域を表すRectを、LLOに変更する

LLOからULOへの変換

矩形情報(invalidRect)をULOに変更する
func setNeedsDisplay(_ invalidRect: CGRect)

まとめ

座標系の変更には、相当のコストが発生するので、ソフトの構想段階で、

  • 各コンポーネントをULO/LLOのいずれにするか
  • ULO⇄LLO変換はどこで行うか

決めておくと良い

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした