Help us understand the problem. What is going on with this article?

おうちDNSをPowerDNSのDockerイメージで(PowerDNSインストール編)

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

おうち認証局をつくる前にやることといえば内向きのDNSの作成である(ぇ違う)。
直接アドレスバーに打ち込んでいても良いのですが、HTTP/2を使う上でSSLが必須なので、この際だから導入することにした。

ちなみに筆者の環境はArmbian上のDockerのためアーキテクチャがARMであることに注意されたし。

PowerDNS

この辺りの記事が参考になりました。

Docker Imageの作成

今回はArmv7のCPUを利用する事もあり、既存のDockerイメージを利用する事が出来なかった。

そのため、1からDNSサーバ用のDockerイメージを新規に作成した。

作成したDockerfileとdocker-compose.ymlをGitHubにアップロードした。

https://github.com/whale-shark/PowerDNS4Arm

Arm以外の環境で利用したい場合は、power_dns/Dockerfileの6行目をhttps://repo.powerdns.com/の記載にしたがって変更すれば動くと思われる。

echo "deb http://repo.powerdns.com/raspbian jessie-auth-master main" > /etc/apt/sources.list.d/pdns.list; \

x86_64環境であれば、このあたりのコンテナを利用すれば簡単に準備できるのではと。

ARM向けのDockerイメージを作成して

今回、初めてARM向けのDockerイメージを作成した。

Docker Hubに上がっているイメージでは、割と動かない物が多く苦戦した。(MySQLとかMySQLとか)

debian-slimやalpineは必要となるテクニックが多く必要なパッケージをインストールするのに試行錯誤で1日くらいかかった。

今後

PowerDNS Recursor をいれて本格的なおうちDNSをつくる。

whale_shark
東京で働いているしがないSE
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away