Python
RaspberryPi
Lチカ
Raspberrypi3

RaspberryPi3でPythonを使ってLチカさせる

概要

Pythonを使うと超簡単にLチカができるということで試してみた

このように配線した

haisen_bb 2.jpg

Lチカプログラム

ソースコードをgithubにアップしています。

git clone https://github.com/Teriyaki-0901/led-python
cd led-python
python lchika.py

ソースコード

lchika.py
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import RPi.GPIO as GPIO
import time

GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(2,GPIO.OUT)
for x in xrange(5):
    GPIO.output(2,True)
    time.sleep(2)
    GPIO.output(2,False)
    time.sleep(2)
GPIO.cleanup()

設定するところ

setmode

setmodeには「BOARD」と「BCM」の2種類がある。
BOARDは物理的なピン番号、BCMはGPIO3なら3といった論理番号のこと。

BOARD

GPIO.setmode(GPIO.BOARD)

BCM

GPIO.setmode(GPIO.BCM)

ピン番号

上のソースコードでは、GPIO2に接続したので、接続したピンのGPIO番号に変更する
(下のソースの「2」の部分)

GPIO.setup(2,GPIO.OUT)
GPIO.output(2,True)
    time.sleep(2)
    GPIO.output(2,False)
    time.sleep(2)