Rails
rbenv

rbenvを使ったrailsワークフロー

備忘録として記載。

前提

  • rbenvはすでに入っている
  • その他環境構築済み

rbenvのインストール/その他開発環境構築に関する内容は以下を参照にすると良さそう。

ワークフロー

主に以下の3つのパターンに分けられる。

  • rubyのバージョン確認/ローカル設定
  • railsのローカルインストール
  • railsプロジェクト作成

rubyのバージョン確認/ローカル設定

知っておくと役に立つコマンド一覧

  • rbenv versionsですでに入っているrubyのバージョンを確認。
  • rbenv install -lでインストール可能なバージョンを確認。
  • rbenv install [version]で指定したバージョンをインストール。
$ cd /path/to/project
$ rbenv local [version]
$ rbenv version #現在採用しているバージョン確認

railsのローカルインストール

まずはじめにローカルのrubyにbundlerのみをインストールする

$ rbenv exec gem install bundler
$ rbenv rehash

次にrailsをインストールするためにgemfileを作成する

cat << EOS > Gemfile
source "http://rubygems.org"
gem "rails", "x.x.x" #<-指定しなければ最新版がインストールされる
EOS

bundle install --path vendor/bundleを実行。
railsをvendor/bundleいかにしまっておく。ruby環境内にgemを入れたくないので一時的にvendor/bundleにしまうよう命令しておく。

Railsプロジェクト作成

bundle exec rails new sampleで新たなプロジェクト作成

続いてrailsインストールに使った不要なファイルを削除する

rm -f Gemfile
rm -f Gemfile.lock
rm -rf .bundle
rm -rf vendor/bundle

ちなみにgitからクローンしてきたプロジェクトならばruby環境を合わせてbundle install --path vendor/bundleを行ってあげるだけで必要なgem環境を構築できる。