Help us understand the problem. What is going on with this article?

「\\fileserver\share」のようなUNCパスにもcdしたい(PowerShell)

More than 3 years have passed since last update.

やりたいこと・やり方

Windowsのコマンドラインで「\fileserver\share\test」
ようなUNCのパスにcdとかしたい場合とします。

単純にDOSプロンプトでやろうとしてもUNCはサポートしていない旨のエラーとなってしまいます。

DOSプロンプトでcd
D:\>cd \\fileserver\share\test
'\\fileserver\share\test'
CMD では UNC パスは現在のディレクトリとしてサポートされません。

そこで、powershellを使います。

PowerShellでcd
D:\>powershell
Windows PowerShell
Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS D:\> cd \\fileserver\\share\test
PS Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::\\fileserver\share\test> dir


    ディレクトリ: \\fileserver\share\test


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
d----        2016/04/21     20:42            新しいフォルダー
-a---        2016/04/21     20:44     500024 text2.txt
-a---        2016/04/21     20:44      71432 text1.txt
-a---        2016/04/21     20:45          4 text3.txt

それらしいことが出来ました。

少し応用

今エクスプローラーで開いているファイルサーバー上のフォルダのファイル名一覧を取得したい場合

1.エクスプローラーで開いている状態から・・
Image8.png

2.上のバーの「powershell」と入力してエンター
Image9.png

 ※上図はWindows7の例ですが、Windows8からは下図のように
  エクスプローラーのファイルメニューからでも開けます。
Image1.png

3.開いたPowerShellの画面で「dir -n」と入力してエンター
Image10.png

表示されました。最後のコマンドは「ls -n」等でもよいです。

webdevjp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした