Posted at

LaTeX文書にコーヒーの染みをつける

コーヒーにお世話になっている方は多いでしょう.人間にとってコーヒーは欠かせないものです(適当).

ネットの海をのんびり泳いでいたところ,LaTeX Coffee Stainsというものを見つけました.

その名の通り,コーヒーの染みを付けられるらしい.


やってみよう

僕は普段からVisual Studio CodeでLaTeX Workshopを使っています.これ便利ですよね.

まず先ほどのサイトから圧縮ファイルをダウンロードし,それを解凍して中にあるstyファイルを今から作るtexファイルと同じディレクトリに置いておきます.ダウンロードするのは最新のものでいいでしょう.

必要なパッケージは以下の通りです.

    \usepackage{tikz}

\usetikzlibrary{arrows,shapes}
\usepackage[utf8]{inputenc}
\usepackage{pxfonts}
\usepackage{pxpgfmark}
\usepackage{coffee4}

documentclassについてはなんかいい感じでどうぞ.

そんじゃ染みをつけていきましょう.LaTeX Coffee Stainsを使ってできる染みの種類は4つです.それぞれ以下のように書くことで描画できます.

\cofeAm{alpha}{scale}{angle}{xoff}{yoff}

\cofeBm{alpha}{scale}{angle}{xoff}{yoff}
\cofeCm{alpha}{scale}{angle}{xoff}{yoff}
\cofeDm{alpha}{scale}{angle}{xoff}{yoff}

alphaは透明度を0~1の間で指定できます.

scaleは大きさで,デフォルトが1になります.

angleは回転角で0~360°.

xoff,yoffで位置を調整できます.単位をcmと書いてやらないといけないっぽい.

ちなみにcofeAmはこんな風になります.

たぶんこれでいけるはず.正直一緒に入ってるpdf読んでもらえばいいと思うんですけどね...().「書き方ミスってないのになんかエラー出た!」というような場合があれば,おそらくパッケージの問題だと思われるので調べてみてください.(上に記載した通りやれば大丈夫だと思われ)

特に面白いネタもないので,製作者の言葉をお借りして終わりにします.

Coffee will save the world.


参考サイト

http://s-shimotori.hatenablog.com/entry/2015/08/10/164440