Kubernetes 1.11: 主な変更点 (Major Themes) Part.1


はじめに

このエントリは、Kubernetes 1.11 の CHANGELOG からKubernetes 1.11: 主な変更点 (Major Themes) の一部についてまとめています。翻訳に合わせて補足を追記しています。その他の内容は次のリンク先を参照してください。


SIG API Machinery

このリリースのSIG API Machineryは、主にCustomResourcesにフォーカスしています。


  • CustomResourcesのSubresourcesがbetaとなり、デフォルトで有効になりました。
    これにより/statusサブリソースで更新できるフィールドは.statusのみとなりました。


  • /statusサブリソースが有効な場合、CRD OpenAPIのバリデーションスキームのルートでrequireddescriptionが使用できるようになりました。



  • 複数バージョンのCRDを作成できるようになりましたが、自動的に変換はされません。


  • spec.additionalPrinterColumnsフィールドを使用して、CRDのkubectl getで出力される内容を追加できるようになりました。



SIG Auth

このリリースではユーザーが理解しやすいセキュリティ機能を提供することにフォーカスしています。


  • RBACのcluster role aggregation がstableになりました。

  • client-goのcredential pluginsは外部プラグインからTLSクレデンシャルを取得するサポートが追加され、betaになりました。



  • 監査イベントにAPIリクエストの処理方法に関する情報が追加され、内容の確認が簡単になりました。


    • Authorizationでは、認可結果("allow"か"forbid")とその理由が、authorization.k8s.io/decisionauthorization.k8s.io/reasonアノテーションに記録されるようになりました。

    • PodSecurityPolicyアドミッションでは、ポリシー名がpodsecuritypolicy.admission.k8s.io/admit-policypodsecuritypolicy.admission.k8s.io/validate-policyアノテーションに記録されるようになりました。



  • PodSecurityPolicyにはhostPathのボリュームマウントを、読み取り専用にする機能が追加されました。


  • NodeRestrictionが有効な場合、kubeletはNodeオブジェクトのtaintを編集する権限を持たないようなったため、使用するべきノードが把握しやすくなりました。



SIG CLI

SIG CLIではkubectlコマンドの可読性、テスタビリティを向上するためにリファクタリングを行いました。

このリファクタリングにより次のリリースで、kubectlプラグインの開発がより簡単になります。


SIG Instrumentation



  • 新しいKubernetesの監視モデルに移行するための継続的な取り組みの一環として、Heapsterが非推奨になりました。



  • オートスケールのためにHeapsterを使用している場合、Metrics ServerCustom Metrics APIに移行する必要があります。

    詳細については、新たに廃止予定となった機能(New Deprecations)を参照してください。



SIG Scheduling



  • Pod PriorityPreemptionはbetaになり、デフォルトで有効になりました。オペレーターにとって大きな変更になるため注意が必要です。



  • スケジューラーのパフォーマンスと信頼性の向上に取り組みました。


SIG Windows



  • このリリースでは、Windows上で動作するPodとコンテナ用のKubernetes APIが多くサポートされました。


    • Pod、コンテナ、ログファイルシステムのメトリクス


    • runAsUserセキュリティコンテキスト

    • Azure diskのLocal persistent volumesfstype




  • Windows Serverバージョン1803の改善により、次のような新しいストレージ機能が追加されました。



    • ConfigMapSecretのボリュームマウント

    • SMBおよびiSCSIストレージ用のFlexvolumeプラグインが、K8s Storage Plugins から利用可