Help us understand the problem. What is going on with this article?

有線LANを使わず無線LANからRaspberry Pi3の初期設定

はじめに

当記事では有線LANを使わずに無線LANからRaspberry Piの初期設定をしていきます

必要なもの

  • Raspberry Pi3本体(無線LAN対応モデル)  今回使ったモデル
  • Micro SD 8GBあれば十分みたいです    今回は32GBのものを使用しました
  • PC
  • キーボード
  • HDMIモニタとケーブル

OS(Raspbian)をダウンロード

Raspbianを公式サイトからPCへダウンロードする
Raspbian.png

この記事を執筆している時点で3種類のOSがありますが
【with desktop】というのはGUI付きであり
【Lite】はCUIのみの機能になります
CUIしか使わないので【Lite】をダウンロードしていきます

SDにOSを書き込む

Windowsの場合、Win32DiskImagerやEtcherなどのソフトを使って書き込みます
私はEtcherを使いました、UIがおしゃれですね

Macの場合は特にソフトも必要なくターミナルから書き込めます
ここでは割愛させていただきます

Raspberry Piを起動してネットワーク設定

SDをセットしモニターに接続して電源を入れます
初期のユーザー名は pi
パスワードは raspberry
になります

コマンドラインから

raspberry.pi
$sudo raspi-config

を入力してメニュー画面を出します
menu.jpg

5番を選択して
SSHを有効(enable)にします

※ちなみにここの2番からでもwi-fiの設定はできるようですが
パスワードを暗号化したいのでここではしません

続いてネットワークの設定をしていきます

raspberry.pi
//ディレクトリに移動
$cd /etc/wpa_supplicant

//権限を一時的に付与
$sudo chmod 666 wpa_supplicant.conf    

//以下のコマンドでルータのパスワードを暗号化してその結果をwpa_supplicant.confの中に書き込みます
//コマンド中の「""(引用符)」も必要なので気を付けてください
$sudo wpa_passphrase "ルータのSSID" "ルータのパスワード" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

//このままだとルータのパスワードが平文でコメントアウトされているので1行削除します
$sudo vi wpa_supplicant.conf
network={
        ssid="ルータのSSID"
        #psk="ルータのパスワード"       //この行を削除
        psk=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
}

//権限を元に戻す
$sudo chmod 644 wpa_supplicant.conf    

ここで再起動します

起動できたら
ifconfigコマンドでwlanに動的にIPアドレスが付与されていることを確認します
確認出来たらTeraTermなどでSSH接続できるようになります

ターミナルソフトからSSHで接続

ここまでできたらほぼ終わったも同然ですね
まずVIMをインストールします

raspberry.pi
$sudo apt install vim

現在のままではIPアドレスが固定されていないので
静的に割り当てます

raspberry.pi
$cd /etc
$sudo vim dhcpcd.conf

を実行して

最下部に

dhcpcd.conf
#static ip                                 //コメント
interface wlan0
static ip_address=192.168.xx.xx            //割り当てたいIPを記述
static routers=192.168.xx.xx               //ルータのIP
static domain_name_servers=xx.xx.xx.xx     //DNSサーバのIP

を追記します
ここでもう一度再起動

TeraTermなどのターミナルから割り当てたIPでアクセスできれば完了です!
パッケージも最新化しておきましょう

raspberry.pi
$sudo apt update
$sudo apt upgrade
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした