QEMU

カーネルデバッグで使うQEMUオプションチートシート

QEMUのgdbserver機能でNetBSD kernelをデバッグする で使うQEMUオプションのまとめ

sec: section in qemu-doc(1)

Option
Sec
Detail

-smp 4
2.3.1
仮想CPUコア数4

-m 256
2.3.1
メモリ256MiB

-hda netbsd.qcow2
2.3.2
第1ハードディスク: netbsd.qcow2

-cdrom netbsd.iso
2.3.3
CDROM: netbsd.iso

-display curses
2.3.4
VGAでなくcursesディスプレイを使う

-netdev user,id=n1 -device e1000,netdev=n1
2.3.6
user mode network stack(VirtualBoxのNAT Network と同じ)、localhost:10022をゲストのポート22に転送する

-nic user,hostfwd=tcp::10022-:22
2.3.6
上と等価、QEMU 2.12以降で使える

-serial telnet::5555,server,nowait
2.3.11

-display curses を指定した際に telnet localhost 5555 して q することでqemuを終了できる

-monitor telnet::5556,server,nowait
2.3.11
シリアルコンソール (com0) を使う場合に telnet localhost 5556 で接続できる

-S
2.3.11
gdbのコネクションがあるまでマシンの実行を止める

-gdb tcp::1234
2.3.11
ポート1234でgdbserverをlistenさせる

-s
2.3.11

-gdb tcp::1234 と等価

-rtc base=utc
2.3.11
時刻補正(これがないとtimezoneをAsia/Tokyoにしたときに9時間ずれる)

Linux固有のオプション(-kernel など)も追記予定