Android
AndroidStudio
android開発

【自分用】Androidビルド・ファイル用語辞典【追記予定】

アンドロイドアプリを作る際に、知らない用語がたくさんでてきたので、あとで読むようにまとめておく。

気づいたら増やしていく。



xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"

このファイルがAndroid向けxmlファイルであることを示すもの。改変不要。


package

javaからメインファイルまでのパスを指定。最低でも2階層以上。

package="com.example.sample"

main

├ AndroidManifest.xml
└ java
└ com
└ example
└ sample
└ main


uses-permission

Androidが特定の機能を使うための記述。ユーザが判定


uses-feature

Androidが特定の機能を必要とする場合に記述。インストール可能かストアが判定

android:reuqired="true" → 必須機能。ない端末はストアにも記載されない


uses-library

Androidが特定のライブラリを必要とする場合に記述。

android:name="com.google.android.maps"

android:required=["true | false"]


allowBackUp

バックアップを利用するかどうか。

android:allowBackUp="true"


largeHeap

ヒープ領域を大きく確保するための手段。(通常使用すべきではない)

android:largeHeap="true"


supportsRtl

右から左へのレイアウトをサポートするかどうか

android:sapportsRtl="true"


theme

全アクティビティ共通のデフォルトテーマを定義。

styleリソースへの参照を指定

個別にアクティビティで上書きも可能

android:theme="@style/SampleTheme"


icon

アプリケーション全体のアイコンを指定。

Drawableリソース参照を指定する

android:icon="@mipmap/ic_launcher"


label

アプリケーション名を指定。

文字列リソース参照 or 文字列リテラル


xxx.iml


local.properties


gradle.properties


@NonNull

設定しておくとIDE上で警告を発してくれるようになるアノテーション。


messageDialog


setVisibility(View.GONE)

ビューを詰めて消す


setVisibility(View.INVISIBLE)

ビューを詰めないで消す


setVisibility(View.VISIBLE)

ビューを表示する


SharedPreferences

アプリ内に保存するデータを格納する場所

getSharedPreferences("hoge", Context.MODE_PRIVATE);


setContentView


Promise


BuildConfig

build.gradleの記述に沿って変数等が自動でできるクラス


moveTaskToBack()

アプリを中断する。HOMEボタンを押下したのと同様の動作をする。


setSupportActionBar(view)

viewをアクションバーとセットする。

アクションバーの機能が使える


参考にさせて頂いたページ

https://www.giblock.jp/labo/androidmanifest_app_props.html

http://yuki312.blogspot.com/2016/02/android-nonnull.html