Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

SourceTreeを使ってGitHubにSSH接続する (Windows)

More than 1 year has passed since last update.

今回、GitLFSを利用したかったためSourceTreeからGitHubにssh接続しようとしましたがなかなかうまく行きませんでした、、、
成功したときのやり方を記します。

SourceTreeでのSSHキーの作成

SourceTreeを起動し、【ツール】→【SSHキーの作成/インポート】を選択します。

ssh1.PNG

【Generate】を選択して、緑のゲージの下の空欄で適当にマウスを動かします。
マウスを動かしたランダム性からキーが作成されるようです。

ssh2.PNG

キーができたら、
1.一番上の「Public key for pasting in to ....」ボックス内の長い文字列を全選択してコピーしてください。あとで使うので、テキストエディタなんかに貼り付けておくといいでしょう。

2.【Save public ley】を選択し
「rsa_pub」と保存します。
保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)

3.【Save private key】を選択し
「rsa」と保存します。保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)
「rsa.ppk」ファイルが出来るはずです。
この時確認メッセージが出ますが、今回はパスフレーズは設定しないためそのまま【OK】を選択してください。

Pageantにprivatekeyを追加

SourceTreeで、【ツール】→【SSHエージェントを起動...】を選択してください。

何も起こらないかもしれませんが、Windowsのツールバーの「^」マーク(隠れているインジケータを表示します)を開くと、下のようなマークの「Pageant」というものがあります。それをクリックしてください。
pagent.png

Pageant Key List が開かれるので、【Add Key】を選択し、先程作成した「rsa.ppk」を選択してください。
キーの詳細が表示されたら【Close】

GitHubにSSHキーを設定

続いて、リモートリポジトリとなるGitHub側の設定です。
ブラウザでGitHubにログインし、【右上の自分のアイコン】→【Settings】を選択してください。

giyhub1.PNG

PersonalSettings 内の【SSH and GPG keys】を選択し、【New SSH key】ボタンを選択。
「Title」内には任意の名前を、「Key」には前項「SourceTreeでのSSHキーの作成」1.でコピーしたキーの文字列をペーストしてください。

入力できたら【Add SSH key】を選択。「SSH keys」のリストに新たに追加されているのが確認できるはずです。


以上で完了です。

あとはGitHubからリポジトリをクローンするときにHTTPSではなくSSHを選択することに注意してください。

(記事更新)
2019年3月時点でもこの方法で大丈夫そうです。不具合があれば教えてください。

参考

wappaboy
VR/AR/MR開発を中心にUnityいじったり、Adobe AfterEffects や PremiereProで動画作ったりします。。Ruby on Railsでのwebアプリケーション開発にも挑戦中。
utvirtual
VRの普及啓蒙と体験創造を理念として、VR作品の制作・展示、勉強会などを行っているインカレサークル
http://utvirtual.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away