Unity

Unityデザインパターン記事「Journeyballs engine: Unity design patterns」のメモ

More than 3 years have passed since last update.

Unityでどのようにコードを書いて、ゲームオブジェクトにアタッチしていいか迷う事が多々あったので、先人の記事を読んでメモを書きます。


Journeyballs engine: Unity design patterns

Journeyballsの開発者が書いたUnityデザインパターンのチュートリアル記事。


  • URL: http://www.holoville.com/blog/?p=166

  • マネージャ


    • GameManager: 中心となるマネージャ。Unityエディターを通して、ゲーム設定を行ったり、SaveManagerを通して各ユーザのデータを取得する

    • AspectManager: スクリーンの解像度などに対応するためのもの。

    • Notificator: イベントの通知はすべてここに送るようにし、ここで処理をする。シングルトン。

    • LevelManager: 新しいレベルのシーンが読み込まれるたびに、このマネージャがレベルを検知し、設定する。

    • SaveManager: セーブとロードを担当する。

    • ScoreManager: スコアと、各レベルでのスターを保持する。

    • SoundManager: すべてのサウンドはここで扱われる。音を再生するときはSoundManager.Play(SoundEnumValue)のようにをよぶ。

    • MenuManager: メニューだったり、各アニメーションを制御する。



  • ブレイン(頭脳)


    • 各シーンで空のゲームオブジェクトを持っており、そこでレベルデザインをしている。